スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

風早真ED感想1

遙か4も大分二次作されているサイトが増えてきましたね。
今回はどのキャラが人気になるでしょう。客観的に見てアシュヴィン、忍人さん、サザキ、那岐辺りでしょうか。サブも入れればリブとかカリガネとかナーサティヤ?
風早もある程度人気が出ると思うけど真EDの存在で意見が分かれそうだな。他の方の感想見ると、私同様メチャクチャ感動した方と最悪と思った方といるようですから。それに真EDを迎えるには風早ノーマルED+風早以外のメインキャラ7人+ノーマルEDを見ないといけないというのがある意味ネック。「面倒!」と思う人がいないとは限りません。
でも人気出なくても立ち位置がメインだからこれから発売されるであろう関連商品では出番多いでしょうし、それならそれでいいかなあ……なんて。
自分が好きになったキャラが人気出ないのに慣れているもので(^-^;)。

では、風早真EDの感想です。
風早の書とEDだけで長くなってしまいそうなので、そっちは明日にします。
完全ネタバレですのでご注意を。



全体的な感想を一言で言うなら。

壮大。

これしか出てきませんね。いや、マジ壮大でびっくりしました。
内容は八章の途中までは同じで、河内から戻ってきた風早に会いに行くところから分岐。ついに風早の正体が判明しました。
彼の正体は白麒麟。やはり私の想像していたとおりでした。結構他の方も予想していたみたいですね。アシュヴィンの書とかでそれらしい描写が出てきてもいましたから。それでも想像してたとはいえ実際に暴かれると軽くびっくりしましたけど。
しかし! 風早ノーマルED+風早以外のメインキャラ7人+ノーマルEDをクリアしなければ見られないのが風早の書。驚きはこれだけには留まらない。風早の口から語られる豊葦原という世界の事実の数々にはもうおったまげました。
何と世界は同じ歴史をメビウスの輪の如く繰り返し続けていたのです! ……メビウスの輪ってそういう意味でしたよね? 間違っていたら申し訳ない(-_-;)。
とにかく世界は龍神の意志によって、「中つ国が滅び、一ノ姫だけが生き残る」という歴史を繰り返していたわけです。つまり、風早真EDを見るために風早ノーマルED+風早以外のメインキャラ7人+ノーマルEDをクリアしなければならなかったのは「歴史を繰り返している」からだったわけですね。……ん? ということは、風早真ED以外のEDは一度迎えたらまた最初に戻って、その歴史は消えてしまうのでしょうか? それはちょっと困るよな。風早以外のキャラEDが幻みたいになってしまうし。3みたいにいくつもの並行世界ができるということなのでしょうか? その辺りがちょっと謎だな。
それにしても4は最初の物語だけあって、龍神が実に厳格ですね。歴史を繰り返しているのは龍神が「人は善か悪か」を見極めるため。でも黒龍は元より白龍もすでに人間は愚かな生き物だと決定づけており、だから龍神が中つ国の女王に応えてくれることもない。もう繰り返していること自体にも意味はないわけで。
……この辺ちょっとびっくりだったな。まさか黒龍はまだしも白龍も人間を蔑んでいたなんて。3の白龍を知った後だから余計にびっくり。まあ、4の白龍と3の白龍は基本的に異なるみたいですからね、でも記憶はあるのかな? それとも新たに生じた3の白龍にはその前の龍の記憶はないのかな? あるかないかで色々考えさせるかも。創作のネタにもできそう。私は書かないけどね(^-^;)。
龍神は人を蔑んでいるけど風早はそうではなかったのは、初めて豊葦原に降りてきたとき人間に襲われて怪我をしたところを幼い千尋に助けてもらったからなのですね。なるほど。確かノーマルルートの途中で千尋がそんな回想をしていたような。そのことがなかったら風早も人間は滅ぼすべきと考えたのでしょうね。もっともその後千尋の傍に仕え、さまざまな人間と直に接することでも人間の持つ両極端の性質に惹かれてはいたのでしょうが。やはり千尋の存在が大きかったのですね。千尋がどんな道を歩んでも常に傍にいてくれた理由がよく分かります。
風早と千尋は序盤で2つ約束をしましたが、それ以前に初めて出会ったときに約束をしました。「決して風早が何者なのかを聞かないこと」と。これが随所で話題に上った契約(誓約だったっけか?)だったわけですね。しかし千尋がそれを聞いてしまったことで風早はもう彼女の傍にはいられなくなってしまう。白麒麟の姿に戻り、白龍の元へ帰ってしまう風早を見て「嫌だー! 行かないでー!」と千尋と同じ気持ちになったところで風早の書が開きました。

果たして2人の、そして豊葦原の運命は!?
この後の感想は(多分)明日に。

スポンサーサイト
[ 2008/07/08 22:46 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。