スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1日じゃなかったけど

昨日一昨日とオリジナル小説の方を更新したので『薄明の時』の方は保留に。
でも、結局今日アップしちゃいました。
昨日言った10秒で読める話「受け継がれる関係」。
シリアスぽいタイトルかもしれませんが、その正体は中身など全くないバカ話でございます(^-^;)。
他の小説を読みに来て下さった際、ついでに見て下さればそれだけで嬉しいです。
真武道会2設定になっていますが、よろしければ。

以下はDBZのSP、SP2を見直してみてちょっと思ったこと。



2つのスペシャルの、バーダックと未来悟飯の死に様を改めて見比べたのですが。
「何とも対称的な死に方だな」と感じました。
どういうことかといいますと、それぞれの心境が死の直前、

バーダックは絶望→希望
未来悟飯は希望→絶望


へと変わってしまったような気がするのです。

バーダックは話の全般予知能力で惑星ベジータやサイヤ人が滅びる未来を見せられていました。そしてその名の通り仲間を殺され、フリーザの裏切りを知った。更に他のサイヤ人達からはフリーザの裏切りを話しても全く信用されず、それどころか笑い飛ばされてしまう始末。仲間は死に、味方はひとりもいない。流石のバーダックも絶望の淵にいたのではないかと思います。それでもサイヤ人としての誇りのため、彼はたったひとりで最終決戦に挑んだ。未来を変えるために。
結果は惨敗。でも最期に見た息子のカカロット(悟空)とフリーザが対峙する予知を見たとき、彼の心は希望へと変わったことでしょう。自分の、サイヤ人の意志はしっかりと継がれるのだと分かって。あの最期の笑みはそれを知った満足感から浮かんだのではないかと私は思います。

対して未来悟飯はどうでしょう。
未来悟飯は圧倒的な力の差のある人造人間と長年戦い続けてきました。少しずつ滅んでいく地球でそれでも戦い続けてこられたのは、彼が常に「いつかは戦いが終わる。平和が訪れる」という希望を失わなかったからだと思います。
それは片腕を失っても尚消えず、やがて最後の戦いへと挑むとき弟子のトランクスにその希望を託していきました。戦う直前、人造人間へ放たれた言葉は個人的にDBの中でも屈指の名言となっています。
なのに、何故未来悟飯はあれほどの苦悶の表情で死んでいったのでしょうか。正直とても満足のいく死だったとは思えません。
考え過ぎかも知れませんが、未来悟飯はあのとき17号18号のどちらかを倒すつもりで最後の戦いに挑んだのではないでしょうか。あるいは深手を負わせてトランクスが強くなる時間を稼ごうとしたとか。
しかし、結果は倒すどころか深手も負わせられませんでした。死の直前、未来悟飯に残ったのは十数年かけても人造人間を倒せなかった自責の念と、自分が死んだ後人造人間を2体ともトランクスひとりで戦わなければならないという現実のみ。
そして、彼は最期の最期に屈してしまった。
この十数年、決して屈しまいと紙一重に耐え続けてきた、絶望に。
このように考えたら、真武道会2のあの設定も、あまりに突拍子もないものではなかったのかもしれないなと思いました。

……ていうか、考えれば考えるほど未来悟飯が不幸な子になっていっている気がしてならない。
でも不幸が似合うんだよな、事実(^-^;)。

スポンサーサイト
はじめまして。未来の悟飯を検索していてここを見つけました。

私もあの師弟コンビの地位が再浮上中ですw
現代の悟飯なら泣き言の1つでも出そうな状況で、残された戦士として厳しい現実にギリギリで立ち向かう姿には目頭が熱くなってしまいます。
現代へ来たトランクスが年齢よりも大人びた感じを受けるのは、やはり辛い過去を背負っているからでしょう。
「地獄のような未来はもうたくさんだ…」というセリフがとても重く感じられます。
DBは基本的に明るいキャラクターばかりですが、私もこの2人が今はいちばん好きです。

通りすがりでのコメント失礼いたしました。
[ 2008/01/29 01:03 ] 通りすが夫 [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
管理人の春菜です。

未来師弟、いいですよね! 元々は魔師弟が好きだったのですが、DVDを見たり最近ではゲームにも未来悟飯が出るようになったのでいつの間にか虜になっていました(*^-^*)。
地獄のような未来を生き抜いた2人は本当に健気でそして強い人たちだと思います。未来悟飯は死んでしまいましたが、トランクスは平和になった世界で幸せに暮らしていって欲しいですね。

それでは本当にコメント、ありがとうございました。
[ 2008/01/29 21:51 ] 春菜 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。