スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Sir Kay~Brother Of King~外伝 <1>・前編

ずいぶん遅くなってしまいましたが、オリジナル小説外伝の続きをアップできました。
先週予告した通り、前半のみですが(^-^;)。
後半はできるだけ早くアップしたいと思っています!



   外伝「ルグス遠征」<1>・前編



 ダン、と静寂の会議室で机を強く叩く音が響く。
「断固として拒否するべきだ!」
 同時に野太い男の怒声が木霊する。
 拳を握りしめ、怒りの表情をしている騎士・ガウェインの姿に、ログレスの宰相の地位にあるケイはデジャブを感じていた。
 否、大抵の彼はいつもこうなのだから、デジャヴという表現はおかしいか。むしろ見飽きているという方が正しいだろう。

 何故彼がこんなにも怒りにみなぎっているのか。
 事の発端は、ログレスの隣国『ルグス帝国』より使者が参上したことが始まりである。

 ルグス帝国はログレス同様、世界でも稀少な自然に囲まれた国だ。この世界は元々大きなひとつの大地が人間や妖精、今存在する生物の祖であるダーナ神族とフォモール族の戦いにより、いくつもに分断されて出来た世界である。そのためひとつの国の大半が占めるのは、人工によって作られたコンクリートの床と建物ばかりだ。
 その中でログレスとルグスは、天然の大地を所有する数少ない国として名を馳せており、両者も隣国であることからも友好的な関係を築いていた。
 しかし、遡ること二十数年前。ログレスは深刻な大飢饉に見舞われた。田畑には穀物が全くといっていいほど実らず、海洋の魚もまるで絶滅してしまったかのごとく姿を見せない。そのような状況が長く続いたのである。
 これを聞きつけたルグス皇帝・ルキウスは、物資の補給を申し出てきた。ルグスも少なからず飢饉の被害があったが、機械を完全に阻む結界に覆われているログレスとは異なり、多少人工の道具を取り入れることができるので蓄えを保つことが可能だったからである。
 ただし、ルグス寄りの同盟を結ぶという条件付きで、だ。
 当時のログレス王は冗談ではないとこの申し出を叩き返したかったが、このままでは民が飢え、それがやがて国を崩壊させる方向へ向かうとかもしれない。その現実を考えれば無理な話であり、背に腹は代えられぬと泣く泣く条件を呑んだのだった。
 ルグスの支援により、国の崩壊は阻止できたけれど、以降ログレスはルグスの植民地も同等の立場に追い込まれることとなる。このことは多くの騎士達の自尊心を傷つけたものの、民達が飢えから救われたことを考えれば天秤にかけるまでもない。
 こうして誇りと引き替えに手にした平穏な時が続くかに思えた。

 先代王『ユーサー・ペンドラゴン』が逝去するまでは。

 今から16年前。イグレーヌという女性に横恋慕をしたユーサー王は彼女を手中に収めんがため、彼女の夫であるゴルロイス卿に戦を仕掛けた。
 稀代の魔導士・マーリンの助力もあり、戦いの末イグレーヌを手に入れたユーサー王であったが、結婚後まもなくして毒殺されてしまう。2人の間に産まれた後継者アーサーは、ユーサー王とマーリンの密約により、その存在を隠されて育つこととなる。
 そしてアーサーが15歳に成長するまで、ログレスは王不在の時代が続き、その間に他国から侵略者達に荒らされていった。
 残った騎士達はルグスの協力を要請した。たとえ実際は植民地のような扱いでも表向きは同盟を結んでいる。それにルグスも誇り高き騎士が統べる国だ。きっと力を貸してくれる。彼らはそう思っていた。
 しかし、一向に支援が来ることはなく、更に駐在していた騎士達も足早にルグスへと帰って行ってしまった。
 王を失い、秩序さえも崩れかけているログレスをルグスは見限ったのである。
 もし、ルグスが協力を受け入れてくれていたなら、ログレスがここまで他国の侵略者達に荒らされることもなかったかもしれない。故にアーサーがログレスを統一し、平和を取り戻した今もルグスを憎む騎士達は少なくはなかった。曲がったことが大嫌いなガウェインもその一人である。
 憎む気持ちは分からないでもない。だが、憎しみからは何も生まれないのだとアーサー達は時間をかけて彼らを説いていくつもりだった。ケイ自身としてはそのような純粋な気持ちではなく、余計な不穏分子は除去したいからだったが。

 そのような時にルグスの騎士達はやって来たのだ。
 しかも、あの同盟は今でも消えていないのだから我らに従え、というルキウス皇帝からの文書付きで。
 これには説得に回っていた者達も怒り心頭に発した。
 そしてこのことが先程のガウェインの怒声に繋がる。
「ルグスは異国の者達によって踏みにじられた我がログレスを見捨てたのだ! そのような者達に従う余地がどこにある!? たとえ剣を向けることになろうともログレスの騎士たる我らの誇りを奴らに見せつけてやろうではないか!」
 高らかに声を上げるガウェインの宣言に周囲の騎士たちも賛同の声を上げる。会議室内は一気に異様な熱気に包まれていく。
 相変わらずこの男の暑苦しい演説は人の心を掴む。ケイはほとほと感心してしまう。口を開けば開くほど人の心を離していく自分とは全く正反対だ。
 周囲を見ると、座っている騎士達は異常に盛り上がる彼らにどう対応すべきか戸惑っている様子。確かにこの熱気の中、意見を出すにはそれなりの勇気がいるだろう。
 ちらりと横目で隣に視界を移せば、ランスロットが険しい目ルーカンは涼しい表情、ベディヴィアはいつも通りの無表情でこの状況を見つめているのが見えた。基本的に会議で主に口を開くのは王のアーサー、そして円卓の騎士に選ばれた自分達だ。その一人であるガウェインの意見に他の者は黙っている。
 つまり、これは自分の出番ということなのだろう。ケイは溜息を吐くと、ゆっくり立ち上がった。
「……盛り上がっているところ悪いが、俺は賛成できない」
 次の瞬間、室内が一気に静まった。
 ケイはそれほど大きな声を出したわけではない。だが、会議室を包む熱気とは明らかに異なる冷たさを感じ取ったのか、今まで騒いでいた騎士達が一気に口を閉ざしたのだ。
 変わらなかったのは、最初の男だけだ。
「何だと、ケイ卿! 貴殿はルグスの不当な要請に黙って従うのが正しいと言うのか!」
 予想通りの返答に自然とまた溜息がこぼれる。
 人の話を最後まで聞かないのもこの男の特徴だ。
「そんなことひとつも言ってないだろう。俺が言いたいのは、金はどうするのかってことだ」
「金……?」
 ガウェインが眉間に皺を寄せる。こちらの言わんとしていることが理解できないのだろう。彼の周りの騎士達も同じような表情でざわざわと話し始める。ケイは構わず続けた。
「剣を向けるってことは、早い話ルグスと戦をするってことだろう。戦をするには金がかかる。正直今ログレスの財政は国を立て直すので精一杯で戦をする余裕なんてないぞ。一体どこからそんな費用を調達するつもりだ? まさか民衆から搾り取るつもりじゃないだろうな」
「し、搾り取るなど! そのようなこと、俺は……」
「大体誰が好きこのんで自分達の生活費削ってまで戦のための金なんか出したがる。夢や理想を語れば誰でも付いてくると思うなよ。まあ、お前の一族が全て負担すると言うんなら、考えなくもないけどな」
 遮ることが出来ないほどに捲し立てられ、ガウェインは口を開閉させるだけで何も言えない。当然だ。自分と同じ円卓の騎士ならば、分からない筈がないのだから。
 今言ったことは、以前から考えていたことである。宰相となり、国の政治を担うこととなったケイがまず驚いたのは予算のなさだ。異国からの侵略者達に荒らされ、彼らからログレスを取り戻すため大きな戦を繰り広げたとはいえ、正直ここまで貧窮しているとは思わなかった。それに加えて、アーサーが即位したと同時期に老練の騎士達が引退し、城に残っているのは自分達のような若輩者だけ。新しい国造りは、新しい世代の者達に築いて欲しいという気持ちからだったのだろう。それを汲み取ったアーサーは彼らを止めることはしなかった。
 正直ケイとしてはある程度手伝ってもらってから隠居していただきたかったところだ。そうすればここまで苦労することもなかった筈。かといって、王が決めたことを覆すのはあの状況では難しかった。
 だからこの一年は、ある意味侵略者達と繰り広げたもの以上の戦いだったのだ。それは共にこの国の政治を担ってきたガウェインなら知っている。知っていてもらわなければ困る。
 しかし、同じものを担っていたとしても根本的に異なる者同士では考え方までは一緒にはならない。
「……! お前は騎士の誇りより金を優先するのか!」
「ああ、そう思ってもらって結構だね」
 やっと吐き出したガウェインの反論も、ケイはあっさりと冷ややかに肯定する。
 騎士としての誇りを優先するガウェインと、現実思考のケイ。
 正に水と油といっていい関係だ。
 そしてこの水と油を間に立つ者も決まっている。
「まあまあ。二人だけで白熱するのはそのくらいにして。他の者の意見も聞こうではないか。……ランスロット、君は今の話どう思う?」
 水と油を間に立つ……ルーカンは緊迫してしまった空気を解すように努めて明るく立ち回り、話を別の方向へ逸らそうと試みる。
 ランスロットは顎に手を当て、しばし考えてから答えた。
「……騎士としてルグスの用件を呑めぬ」
 一言そう言い、静かに立ち上がる。
「だが下手に戦を始めれば人間だけでなく、自然や動物達まで被害を受けることになる。私個人としては、それは避けたい」
 至極ランスロットらしい言葉だった。彼はエルフの養い親と共に自然の中で生きてきた身の上である。国云々よりもそちらに目を向けることは誰もが予想出来たことだ。
 しかしガウェインと同等、時にはそれ以上にアーサーの片腕と称されるランスロットが戦に反対する意見を述べたことで、ガウェインの怒りの声に心を揺さぶられた者達の表情にも変化が見られた。幾分冷静になったのか、先程までの興奮はまるで感じられない。
 熱気から静寂、不穏とわずか数分で室内の空気は様変わりしていき、今は所々でざわめく声が響いている。すると。
「貴殿らの想いは分かった」
 決して聞き逃すことのない、他の誰とも異なる澄んだ声音に皆が一斉に振り向く。
 視界に入ったのは、ゆっくりと腰を上げるアーサーの姿。その表情は国を一年治めてきた経験によって、自信に満ち溢れている。存在自体が神々しい光を放っているように感じるのは、長く美しい金の髪を持っているからだけではないだろう。
 室内にいる全ての者が立ち上がり、表情を引き締めて王の言葉を待つ。
 アーサーは自身を見つめる周囲にしばし目を向けると、再び口を開いた。
「確かにガウェインの言うように、再びルグスに下ることは、皆の騎士としての誇りを傷つけることになる。王としてこれ以上ログレスを踏みにじることは断じて許せぬ」
 ガウェインの表情に光が灯る。逆にケイの眉間に皺が寄る。二人が声を上げようとすると、先にアーサーの「だが!」という言葉に掻き消された。
「だが、それでも戦を仕掛けることは出来ぬ。ログレスは長年侵略者達により荒らされ、更に一年前の戦で深く傷つけられた。美しい森も、町並みも」
 一瞬、アーサーの表情が陰り、声の調子が落とされる。
「……そして民達の心も」
 泡のように儚い声だったが、その場にいる者、全ての耳にそれは響いた。
 アーサーは、一度視線を落とした後に顔を上げる。そこには先程の陰りは全く残っていなかった。
「それらを守ること。それこそが我ら騎士の誇りではないか。戦をすれば再び森は焼かれ、町は壊され、民達は悲しみに涙するだろう。もう二度とあのような事を繰り返してはならないのだ」
 首を横に振り、はっきりと強く言うその言葉に誰もが息を呑み、その心に突き刺さった。ガウェインや彼の言葉に賛同した者達は己の浅はかさを恥じ、ランスロットとその他の者達はアーサーの毅然とした姿に感嘆する。
 ケイも表情こそ変えなかったが、この一年で成長したアーサーに柄にもなく嬉しく思っていた。ルーカンとベディヴィアも同様だろう。
 少しの沈黙の後、アーサーは少しだけ口調を和らげて言った。
「ガウェインの言葉もケイ卿の言葉も、ランスロットの言葉も。全て各々が我が国を心から想っての言葉であることを私はよく分かっているつもりだ。だから、まだここで決めることは出来かねる。……それが今の私の結論だ」
 結論、という言葉の意味に気付いたものの、誰もすぐにはその場から動けなかった。
 代表して最初に動いたのは、ルーカンだった。
「では、今日はこれで解散いたしましょう。長時間の話し合いで皆も疲れているでしょうから」
 アーサーがそうだな、と頷く。
「では、一同解散!」
 ルーカンが号令をかけると、騎士達はアーサーに敬礼してから会議室を後にしていく。ケイはどっかりと椅子に座り直し、その波を少々疲れた顔をしながらぼんやりと眺めていた。
「ケイ卿」
 突然自分の名を呼ばれ、弾かれたように視線を動かす。いつの間にか横にアーサーが立っていた。
 慌てて立ち上がってしまうが、何とか動揺を出すのは抑え、はいと応えた。
「円卓の騎士の皆を連れ、『円卓の間』に来て欲しい。すぐにだ」
 下された命にケイは目を剥く。円卓の騎士だけが集まる。それは他の者には聞かせてはならない極秘事項がある、ということだ。しかし、一体何が?
 疑問だが、それを今ここで聞くことは出来ない。
「……分かりました」
 ケイが承諾すると、アーサーは安心したように微笑み、では後でと言い残すと自身も退出していく。
 首を傾げつつも、ケイは他の円卓の騎士を呼び止めるために動いた。

スポンサーサイト
[ 2007/12/29 21:21 ] オリジナル小説中編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。