スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真武道会・簡易感想4

2のパッケージって悟空・トランクス・未来悟飯の3ショットじゃないですか。
考えてみれば、これメチャクチャレアですよね。漫画でもアニメでも他のゲームでもほとんど有り得ない光景。一生ものですね。大事にしよう(^-^)。

では、今日は真武道会1の簡易感想です。一応ネタバレ。
テーマは「カカロットのライバル争奪戦」。



諸事情から悟空を捜しに下界へやって来たパイクーハン。
偶然出会ったゴテンクスから居場所を教えてもらいましたが、死人である彼は下界で上手く行動できない模様です。集中させて悟空の気を捜し続けます。
すると、サイヤ人の気を発見。急いで向かおうとしましたが、その気は急に消えてしまいました。一体どこに……?

と、突然上から声が。見てみればそこには……。
いました、サイヤ人が。

ベジータだったけどね。

しかし人違いとはいえ、悟空と同じサイヤ人。何か知っているかと思い、質問を投げかけてみます。

「私の名はパイクーハン。孫悟空とはあの世で闘ったライバルであり、また、私は彼を友と思っている」

ゴテンクスのときも同じように自己紹介しましたが、今回の相手はあのベジータ。正直彼相手にこの自己紹介の仕方は悪かった。
何せ、悟空をライバルと言ってしまっているから。
パイクーハンの言葉にベジータがこう返しました。気を上げて。

「カカロットのお友達はいくら居てもいいが、ライバルと呼んでいいのはこのベジータ1人だけだ!」

……貴方はまたそんなことを(-_-;)。
そういうことばっかり言っているから色々ネタにされちゃうんだよ。『三大超サイヤ人』の時みたいに。言っていたよねえ、あの時も。
「カカロットは俺のものだ! 勝手に手を出すなー!」て。
……いいのか、それで。
で、何だかよく分からん内に闘う羽目になっていました。本当に何でなんだか。パイクーハンが優勢かと思われましたが、この時のベジータはノーマル状態。ほとんど本気を出していませんでした。
そして超サイヤ人になり、更に戦いが熾烈を極めそうになったところで当の悟空が登場。パイクーハンに地獄へ連れて行かれちゃいました。残されたベジータはゴテンクス、クリリンと合流。自分も地獄へ行くためドラゴンボールを集めることに。

パイクーハンの目的とは? ベジータは地獄へ行けるのか? キャンプはどうなる!?(←そこはどうでもいい)。
次回に続く! と思う……。

ちなみにベジータと闘うことになった時に放ったパイクーハンの言葉がこちら。

「サイヤ人は厄介な文化をもっているな!!」

全く以てその通りだと思います。

スポンサーサイト
[ 2007/08/23 23:19 ] ドラゴンボール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。