スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GS2ドラマCD Vol.2感想・真咲先輩編1

さ~て、待ってました! (誰も待ってない)
GS2ドラマCD、ついに我が最愛の真咲先輩編の感想です。
とりあえず、ここではネタバレなしで言いますと……真咲先輩ファンには絶対のおすすめです! 100%……いや、200%満足できます!!
これほど素敵なお話が聞けるなら、3000円ちょっとの値段なんて安い!
ああ、一気にタイピングとサントラが欲しくなった。ほんのちょっとでも真咲先輩に会えるなら、それだけでもう幸せですv

では、ネタバレばっかりの感想をどうぞ! 若干ハイテンションですが、引かないでください(^-^;)



まず一言。

最高!

何が最高かって、もう全てが! シナリオもうえださんの演技も歌も全部!!
志波くん編でも感じたのですが、真咲先輩は普通の人故に結構演技とか難しいと思うのですよ。でも、うえださんはそんな真咲先輩を完璧に演じきっている。否、うえださんが演じているからこそ、真咲先輩の魅力が2倍にも3倍にもアップしているといっても過言ではありません!
ありがとう、573! 真咲先輩の声をうえださんにしてくれて!

では、前置きが長くなってしまいましたが、sceneごとの感想です。

scene1
初っぱなから萌えた……。真咲先輩と櫻井の会話だー!!!
よくよく考えてみれば、2人の直接会話ってこれが初めてですよね。櫻井の声がたくさん聞けて嬉しかった(^-^)。しかも、2人のやり取りがまた良いんだ。本当にもう『友達同士の会話』っていう感じで!
真咲先輩は就職活動中なのですが、自分がどういった道に進みたいのか分からない様子。ゲームでも思いましたが、先輩のお話はつくづくリアルです。それを「レッツ、ポジティーブ!」と言って励ます櫻井に笑えました。それを元気なく、復唱する真咲先輩にも(笑)。いいなあ、この2人。本当に良いよ。
就職活動中だから、真咲先輩はこのときスーツ姿なんですって! スーツ!! 見たい、真咲先輩のスーツ姿!!! ああ、CDじゃなくて映像で見たかったあ……。「真咲がスーツ姿で仕事する姿は思い浮かばない」という櫻井の言葉に激しく同意。会社勤めとかやろうと思えばできるかもしれないけど、合わなさそう。ラフな格好でできる仕事の方が似合うと思いますね。私は前からアンネリーに就職すればいいのに、と思っていたのですが、どうやら573の考えは違ったようです。誘われているし、しかも主人公のいる職場(指摘した櫻井、エライ!)だけど、それが理由で就職を決めたくないと難色を示す真咲先輩。
何だよ! 別にそんなこといいじゃん! ただでさえ、一緒にいられるの少ないんだからさあ。……まあ、そういうお堅い考え方する人だと思っていたし、実際好きな子がいる云々で就職を決める男というのもどうかと思いますしね。
真咲先輩、元々合コンの出席率低くて、主人公への気持ちを自覚してからは更に回数が減ったのか。……何って健気! そして、一途! 純だね、純!
ここでビッグニュース! 『真咲先輩はモテる説』が公式化されましたよ(多分)! 合コンを開くとき、真咲先輩がいるいないで女の子の出席率が結構変わるんですって! ぎゃあ、それ何!? それって大抵の女の子は真咲先輩目当てってこと!? 結構ライバル多そうだな、主人公……。ED後、二流大学に通うことになったら目の敵にされちゃったりして? ……怖いから、考えないでおこう(-_-;)。
これまた想像していたとおりだったけど、真咲先輩て友達多いみたいですね。自分からガンガン作ったり、隅でポツンとしている後輩に話しかけたりと、コミュニケーションの才能はずば抜けているようです。何だよ、真咲先輩褒められまくりじゃん! ……と思ったら、当の真咲先輩は才能じゃなくて努力の賜物だから櫻井にも習得可能と結構自虐的。努力だろうと何だろうと、それで結果を出せたということは、充分才能だと思うのですがね。櫻井の「めんどくさーい」の言い方がツボだった(^-^)。その後合コンに誘われるも、今日は実家に帰ってご飯を作る約束をしているとか。何て、親孝行v 最近は丼物だけではなく、ハンバーグも作れるようになったのですね。櫻井も絶品のハンバーグ、是非食べてみたいです!
そんな明るい掛け合いがあったものの、真咲先輩の悩みは解消されなかったようです。まあ、そうですよね。自分が何をしたいのか分からない、という悩みがそんな簡単に解消されるわけがない。これが真咲先輩編のテーマというわけですね。
真咲先輩によるタイトルコールの後、舞台ははね学へ移動。アンネリーの請求書を持っていくためにやって来ました。そこで偶然にも帰宅途中の志波くんと遭遇。わ~い、志波やんだあ。視聴したときはscene2に出ていたからscene1には出ないかもと思っていたので、安心しました。やっぱりこの幼なじみコンビの掛け合いは最高ですね(^-^)。この場面で特に印象的だったのは、志波くんが真咲先輩の耳にピアスがないことを指摘するところ。スーツ姿で就職活動をするのですから、ピアスがなくて当たり前なのですが、そんな細かい部分に目がいくなんてちょっと驚き。真咲先輩ってピアスが相当好きなかな? それを志波くんは知っているのかな? 何か不思議……。でもピアスのない真咲先輩、見てみたかった! スーツ姿といい、ピアスなしといい、このお話はやはり映像でやるべきだったと思います!
真咲先輩が実家に帰ってくる(要は志波くん家の近くに帰ってくる)のが嫌そうな志波くん。このときその前に、帰ったら志波くん家にお米をくれたお礼を言いに行くと言っているのですが、それを踏まえた2人の会話がこちら。
「心配しなくてもお前のガキの頃の失敗談で盛り上がったりしねぇって」
「……どうだか」

うん、明らかに一度は盛り上がった経験があるな。しかも本人の前で盛り上がったっぽい。そりゃあ、嫌がるわな(笑)。
その後待ち合わせていた野球部員たちと下校していく志波くんの姿を見て、過去をふっきれたのだと真咲先輩が安堵する姿にしみじみ。こんな風に中3の事件から、ずっと志波くんのことを見守ってきたのでしょうね。本当に良いお兄ちゃんです。
ただ、ひょっとしたらと思っていたのですが、真咲先輩は志波くんに少なからずコンプレックスを持っていたのですね。普段明るいけど、心の奥底は劣等感の固まりだというキャラを某和風恋愛ゲーで知っていましたから、私には意外ではありませんでした。……何かちょっとだけ自分の好みのタイプが分かった気がします。まあ、この場面はそのことよりも幼なじみコンビの昔話がちょっと聞けたのが良かった。犬に(好かれたが故に)追いかけられて、泣きながら真咲先輩の後ろに隠れていた志波くんなんて、想像するだけで萌えまくりです! しかも真咲先輩のこと「兄ちゃん」て呼んでいたんですって!? どこまでカワイイんだ、幼なじみコンビ!!
そんなかつてのコンプレックスを思い出し、再びネガティブに陥り、壁に激突(!)しそうになった真咲先輩を若王子先生が助けてくれます。若王子先生、出まくりですね(^-^;)。あ、ハリー編は出てなかったけど。久々に教師と生徒のような関係に戻った2人の会話も非常に聞き応えがありました。真咲先輩は教師に向いているという若王子先生の意見に激しく同意です。真咲先輩みたいな教師がいたら、絶対に楽しい! 真咲先輩自身にその気はあまりないようですが。
櫻井も言っていましたが、真咲先輩の人と仲良くなれる能力は才能だと思います。真咲先輩は否定していても私はそうだと思います。でも、志波くんのように何もしなくても人に好かれる人を羨ましく思う気持ちも、すごくよく分かります。私にもそんな時期がありましたから。真咲先輩のお話は、つくづくリアルですね。でも真咲先輩はそこで卑屈にならずに、コンプレックスを克服しようと、ちゃんと努力している。それはやっぱりすごいことです。若王子先生もおっしゃっていたように、たとえそれが『それなりに』だとしても、努力してきた自分を、真咲先輩は褒めてあげても良いと思います。自分を褒めるのが苦手、というのが、また真咲先輩らしいですけどね。
「天賦の才を持っていた人間が何のコンプレックスを抱くことなく過ごしてきたかは当事者にしか分からない」
若王子先生のこの言葉は、非常に重いです。特に若王子先生は特殊な過去を持っているから、余計に言うことに説得力がある気がします。私は特にこれといった才能を持っていないので、つい才能がある人がその才能にコンプレックスを持っていると聞くと「ワガママだ」と思ってしまうのですが、自分の中の何かを辛いと思う気持ちは、才能がある人もない人も同じなのですよね。若王子先生の言葉は真咲先輩と同様に、私の心にもすごく響きました。何だかんだ言って、やっぱり先生なのですね。失礼だけど(^-^;)。
最後の方の丁寧にお礼を言う真咲先輩が可愛かったですv それにしても、若王子先生の「デラおすすめ」には吹いたな。一体どこでそんな言葉を覚えてくるんだか(苦笑)。

……て、しまった! scene1だけでこんなに語ってしまったよ! ここから更にscene2まで入れたら、相当長くなってしまうので、申し訳ないですが、scene2の感想は、明後日に回させていただきます。
何で明日ではないのかって? 明日はオリジナル小説関連の更新日になっているのですよ。このブログを立ち上げたときに決めた決まり事でして(-_-;)。
1日空いてしまいますが、明後日には必ずアップします。

スポンサーサイト
[ 2007/06/01 23:23 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。