スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

GS2ドラマCD Vol.2感想・ハリー編

家でPCやりながら、ず~っと聴いています。特に志波くんと真咲先輩のドラマを。
いやあ、何度聴いてもいいわあ、幼なじみ。もう最高です(*^-^*)。
……て、今日はハリーのことでしたね。えー、というわけで、以下はハリー編の感想。昨日の志波くん編と比べて、かなり短いです。そして、多分明日の真咲先輩編と比べても短いかと。sceneも分けずに書いています。……良いキャラなのですけどね、ハリー。ただ、私にはどうしても友達以上には見えないといいますか。すみません(-_-;)。



GS2のドラマは、サブキャラがすごく良い味出してします。今回のハリー編の井上(ハリーのバンドメンバー)とか、真咲先輩編の櫻井とか。……志波くん編の黒木もまあ違う意味で良い味を出していたかと今なら思いますね。
内容はなかなか良い詩が書けず、スランプに陥っていたハリーが、主人公との電話のやり取りで克服していく……という感じ。この間に井上や志波が関わってきます。井上がまた味のあるキャラなんですよねえ。こう、人を食ったような態度とか。ハリーのこと『之進』て呼ぶし(^-^)。サブキャラにしておくのは非常にもったいないです。志波くんもからかって『ハリー』って呼ぶし。志波くんは真咲先輩以外だと、かなり余裕がある気がします。ハリーは自分のことをハリーって呼ばせる相手を選んでいるのですね。
1でもそうだったと思いますが、GSのドラマは主人公だけでなく他キャラとのやり取りで悩みを解決していく辺りが良いですね。主人公との2人だけの世界なんじゃなくて、色んな人に支えられて成長していく姿がリアルでそこが魅力です。その支えてくれる相手の頂点が主人公のわけですが。
その主人公とのやり取りがあるのは、このCDではハリーだけでした。無個性主人公ですから、それほどCDで関わって欲しいと思う方ではありませんが、実際にある人のを聴くと、ちょっと羨ましくなります。電話でのやり取りだったのですが、何かすごい「青春!」て感じがしました。2人で違う場所から2本の飛行機雲を見るなんて実に爽やかですねえ。微笑ましく思えました。
最後は、ライブを開いたハリーが見に来た主人公のために『only you』を歌う……という感じで曲へ移動。このドラマと曲の移動に違和感がないのは、さすがバンドって感じですね。ただ……ここってものすごく萌えるところだったのでしょうが……私はどうしても引っかかってしまうことがあって萌えきれなかったのですよ。何に引っかかったかといいますと、歌にいく前のハリーの台詞「柱の陰に隠れているお前に捧げる」なんですけど……すっごく良い台詞だったんですけど……他に勘違いしてしまう女の子がいたらまずくないですか? 柱がひとつしかなくて、その近くにいるのが主人公だけなら良いのですが、もし柱が他にもあったり、傍にいるのが主人公以外にいたら、その子が「え!? もしかして私!?」と勘違いしてしまう可能性があるわけでして。あと、主人公だけだったとしても『only you』が誰のための歌か周りにすぐ分かっちゃうじゃないですか。そうなると、主人公はたくさんのファンにばれてしまって、ハリーが熱狂的に好きな女の子とかいた場合大変なことになってしまうかもと考えてしまって。そういう誤解が生まれるようなことはしない方がいいよな~なんて……現実的なことを言っちゃってすみません(-_-;)。私、目立たずに生きていたいタイプなんで、ああいう突拍子もない行動ってどちらかといえば苦手で……そのせいでゲームでもハリーに萌えられなかったのですよ。修学旅行とか学園演劇とか。ハリーの魅力が最大限に活かされればされるほど頭を捻っている自分がいました。友達としては最高なんですけどねえ。
とはいえ、ようやく待望の『only you』を聴くことができたのは良かったです。長く待った分、すごく心に残りました。またCDが出たら、別の歌も聴いていたいです♪
志波くんのときと比べて辛口コメントですみませんでした。

スポンサーサイト
[ 2007/05/31 23:22 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。