スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンガン6月号PAPUWA感想・前編

買ってきましたよお、今月のガンガン。
しかし、ガンガンは厚すぎてものすごく読みにくいです(^-^;)。
では、今回のPAPUWAの感想……なのですが。
時間の都合で全部書ききれませんでした! 後半は明日書きます。
それではネタバレなのでご注意を。



>赤の一族大集合!

リキッドは産声を聞くために赤の一族に連れられ、彼らの村へとやってきました。そこにいたのは何と……パプワくんそっくりの長老と女性! しかも長老は背丈も一緒! ……ひょっとして赤の一族は、あれ以上背が伸びない種族なのでしょうか? いやでも、南国の最終回で大きくたくましく成長したパプワくんのシルエットが出ていたからなあ。やっぱりパプワくんだけは特別なのか。たくさん登場したため、更に謎が深まった、赤の一族です……。
そうそう、私てっきり「パプワ」という産声は「おぎゃー!」の代わりなのかと思っていました。「おぎゃー!」の代わりに「パプワー!」と叫ぶのかと。ところが実際は叫ぶのではなく「ぱ……ぷわ」と呟く程度。まあ、そうですよね。「パプワー!」と叫ぶ赤ん坊というのはちょっとどうかなと思いますし(苦笑)。
赤の一族には軽い予知能力があるそうです。ということは、パプワにもあるのか? パプワが時折何もかも見通したようなことを言うのもその予知能力ゆえなのでしょうか? 現時点では何ともいえませんね。

>リキッドの回想とストームとの決別

リキッドが青の一族の神殿に帰ると、ストームから青の一族が島を出ること、自分についてくることを告げられます。その中で語られるリキッドの回想にはちょっと驚き。番人になる前に特戦隊にちゃんと別れを言いに来ていたのですね。てっきりジャンから聞かされたのだと思っていましたよ。ハーレムは直に会っていませんけど。そういえばハーレムはリキッドが来ていたことに気付いていてわざと顔を出さなかったのでしょうか? でも、確か再会した時に「やっと除隊願い出しやがった」とか言っていたような気が……。あれかな、リキッドの方から自分を捜して決意を聞かせて欲しかったけど、リキッドは捜さずに行っちゃったのか。……ああ、それで第二のパプワ島に行ったのかも。コタロー誘拐しようなんて嘘ついて……違うか。「行くな」と言いたかったけど言えなかったマーカー、ロッド、G。でも、言えなかっただけでなく、リキッドが決めた道の邪魔をしてはいけないから言わなかった部分もあると思います。「お前らと離れてせいせいする」と悪態をついたリキッドもそれが分かっていたのではないかと思います。どちらも素直じゃないのは確かですが。
ストームから自分についてこいと言われたリキッドですが、自分の意志で島に残ると宣言し、ストームに別れを告げたリキッド。この場面は、間接的にリキッドがハーレムから卒業した、とも言えるのではないでしょうか。前回の感想でも言いましたが、リキッドはまだハーレムからは卒業できていなかったと思います。それがキムラの「下っ端根性が染みついている」という言葉に結びついているのではないかと。そんな中ハーレムそっくりのストームに会って、彼にハーレムの面影を感じて。でも、接すれば接するほど2人が全く違う人間だって分かって。それで何というか、残っていた未練みたいなものをようやく断ち切れたのかな、と思います。
しかし、やっぱりハーレムとストームは別人ですね。ストームは最後の最後までリキッド自分と一緒に連れて行こうとしましたが、あれがハーレムだったらそうはしなかったかな。むしろ自分から突き放していたような気がします。リキッドが決めた道だからって。今追いかけてきている最中ですけどね(苦笑)。ただ、ストームがあんなにリキッドに執着したのは、リキッド自身がどうこうではなく、彼が憧れる外の世界から来た人間だったからのではないかという気がします。そういった諸々な理由から、ストームとリキッドにはハーレムとリキッドのような絆は生まれなかった、というわけです。

結局ジャンとライが一緒にいる場面が出ないまま青の一族は旅立っちゃいました。それどころかライはもう登場しませんでした(^-^;)。
私の予想は半分当たっていたようです。やはり2人にはジャンサビのような絆はなかった、と。まあ、実は私たちの知らない水面下で劇的な別れをしていた可能性がないわけではないですが……。赤の秘石に青の一族を止められなかったことを謝るジャンの姿からは、寂しさというものは微塵も感じられません。青の一族を止められなかったことが悔しいだけ、という感じでした。ていうか、この頃のジャンは本当に『赤の番人』なのですね。赤の秘石にすごい忠実。ジャンライについては予想当たっていたみたいですけど、赤の番人としての云々は外れていたようです。残念な気持ちもありますが、ジャンに嫌な役回りをさせずに済んだのは良かったかな。
まあ、こうして一部のファンの間で危ぶまれたジャンサビ問題は、静かに幕を閉じた……といっていいのでしょうかね?
まあ、今回最も安堵したことといえば。
「リキッドの服装が元に戻って良かった!」
ということなのですが(笑)。
では、後半は明日に。

スポンサーサイト
[ 2007/05/17 23:24 ] マンガとアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。