スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

行き当たりばったり?

現在、DSで『ウィッシュルーム』を攻略中。久々の本格的アドベンチャーゲームに大ハマリしております。
おかげでブログ書く時間が……(^-^;)。
そんな中で何とか書き終えた今回の語り。迷宮をコンプリートした時に思ったことです。景時さん以外のキャラへの感想が若干辛口なので、ご注意下さい。



迷宮をコンプリートした時、全キャラルートを振り返ってみました。
で、望美に荼吉尼天が取り憑いているという事実が発覚した後のそれぞれの展開を振り返ったところで思ったのですが……あの……何かほとんどのキャラが行き当たりばったりすぎませんでしたか?
どのキャラも多少展開に違いはあれど、迷宮へ行って荼吉尼天と戦うのは同じですよね。その時、大抵のキャラが特にこれといった作戦を立てずに戦うじゃないですか。「行けば何とかなる!」という根性論のみで立ち向かっている感じで。あれ、正直どうなのでしょうね……。
望美なら大丈夫だと信頼しているとか、たとえ荼吉尼天に取り込まれても自分が救うという自信の強さがあるとか色々考えられますが、それにしても行き当たりばったりすぎる気がするのですが。もうちょっと何か考えてくれても良かったんじゃないですかね(-_-;)。
そんな中で明確な作戦を立ててくれたのはヒノエくん、弁慶さん、譲くん、景時さんの4人だったかと思います。でも、どうも景時さん以外の3人の作戦は功を奏していたにかが疑問なのですよね。特に弁慶さん。迷宮にいる怨霊を全て封印する、という作戦だったのですが、あれ未だに何のためにやったのかが理解出来ないのです。
怨霊を封印して五行の力を満たせて白龍の力を取り戻す、ためでしたっけ? それは何となく分かります。問題は白龍が力を取り戻した後のこと。結局最後は荼吉尼天と戦うって……。「じゃあ、怨霊を全部封印した意味はどこに?」と分からなくなってしまいました。あれで荼吉尼天とは戦わずに終了だったら、まだ納得いったのですが(^-^;)。
そう考えますと、景時さんは本当上手い作戦を立ててくれていたと惚れた欲目を抜かしても思いますね。荼吉尼天が望美を操ろうとするのをちゃんと見抜いていて、それを幻術で防いでくれて。「あなたが彼女を操ろうとするくらい、ここ(迷宮)に来る前から分かる」とはっきり言う景時さんが格好良かったあv 荼吉尼天に一矢報いたぜ! という気分になれました。正に魔法使いですv
景時さんの場合、最初に事実に気付いていたり、荼吉尼天と浅からぬ因縁がある唯一の八葉だから、これだけの作戦を立てられたのだともいえますがね。それでもそんな作戦を立てることが出来た時点で、やっぱり景時さんはすごいです(*^-^*)。
まあ、何だかんだ言いましたが、結局は「やっぱり私は景時さんが好きだ!」というだけの話でした

スポンサーサイト
[ 2007/02/27 23:15 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。