スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

知ってはいけなかった

景時さんのことで、ずっとあることが気になっていました。でも、その気になることを考えた時、ちょっと異様な答えが浮かぶので敢えて避けようとしていたのです。
それでもやっぱり気になっちゃって、ついに先日調べてしまった、私。
……やはり、知ってはいけなかったと半分後悔。
その気になったことについては、続きに隠しておきます。本当に個人的なことと言いますか、妄想の域といいますか。人を選びます。景時さんが好きで、景時さんの事ならどんな細かいことでも考えたいぞ! という方で、更にどんな妖しいことが書いてあっても耐えられる、という方だけ先にお進み下さい。
当てはまらない方は、どうぞ今回はご遠慮下さい。管理人の人格を疑われてしまう可能性がありますので……。



ここ読んでいる方は、心の準備が出来ていると考えてよろしいですね。では、いきますよ。
気になることというのは、景時さんが無印と十六夜記で身に着けている『腕輪』のことです。以前のファッションの記事でも書いたかと思いますが、あの腕輪ってちょっと妙じゃありませんか? 無印の衣装の時は良いのですが、十六夜記の衣装には合わない気がするのです。手袋越しならともかく、素肌にあの腕輪は……と、見ていて時々思ってしまいます。
景時さんておしゃれに気を遣う人なんですよね。望美もそう言っていました。それなのにどうしてあの腕輪は、十六夜記の衣装の時も身に着けているのでしょう? よっぽどお気に入りなのでしょうか? だったら、迷宮の衣装でも身に着けててもいいと思いますが、そっちはない。まあ、現代の衣装には合わないですけどね。
あと、メモリアルブックにもあの腕輪については特に説明がないのですよね。二作連続で身に着けているものなのだから、何か意味があってもいいようなものですが、意味は何もないのでしょうか。ならば、何故二作の衣装で身に着けさせたのでしょうか?
ここからは、私の完全な憶測です。あの腕輪は、ひょっとしたら景時さんのイメージを具現化したものなのではないでしょうか。しかも、無印と十六夜記にあって迷宮にはないイメージ。そんなものが果たしてあるのか、考えてみました。無印と十六夜記にあって迷宮にはないもの……。
ありました。そう、『頼朝さんの存在』です。その頼朝さんの存在を考えた上で浮かべられる腕輪を身に着けた景時さんのイメージといったら……

『囚人』だ!

歌でも景時さんは言っているじゃないですか。「呪縛をどうか解いて」って。あの呪縛って頼朝さんのことですよね、きっと。このことから、呪縛→囚われている→囚人という連想が生まれます。更に頼朝さんの存在は迷宮ではないですから、迷宮の衣装で腕を身に着けていなくても不思議ではありません。
つまり、あの腕輪は『囚人の枷』をイメージしているんですよ! もっと言えば、『頼朝さんに囚われている証』なのです! いえ、全て私の勝手な憶測ですけどね。
……で、結論が出た、ここまでは良かった。「ついでに枷を検索してみようかな」と何となく思わなければ(-_-;)。検索さえしなければ、あれが『頼朝さんに囚われている証』だったとしても、そこまでで終わっていたのに……。検索してしまったことで一気に妖しさが倍増してしまいました。その詳細については、敢えてここでは語りません。気になる、という方がいらっしゃいましたら、是非『枷』を検索してみて下さい。私が後悔した意味をご理解いただけるかと思います。……個人的には、そういう系でもいいのですがね(爆)。
色々言いましたが、単に私のファッションセンスがおかしいだけで、他の人から見ればあの腕輪は、全然違和感がないのかもしれません。ですので、あまり深くは考えなくていいですよ。ていうか、自分で思い付いたのに何ですが、「景時さんのイメージは『囚人』である」て……。何故こうも景時さんのイメージは暗いものばっかり浮かぶのか。私の思考のせいなのか。それとも実際景時さんがそういう人なのか。
真相は闇の中です(何、この終わり方)。

スポンサーサイト
[ 2007/02/06 23:26 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。