スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パレドゥレーヌ・一週目

PCゲームだからって尻込みしないで買って良かったです。最近の乙女ゲーに比べれば甘さは少なめかと思いますが、私はこれくらいが丁度良いです。アンジェリークレベルになると恥ずかしくて直視出来ないこと多すぎますから(苦笑)。それにパレドゥレーヌは恋愛よりも王女フィーリアと周囲の人との心の交流がメインな気がしますから、その点では花丸だったと思います。……といっても、まだ全員分のED見ていないんですが。だって30人以上もあるんですよ。アンジェリークだって半分もクリアしたことない私にはキツイです。でも、キャラが皆魅力的だから、頑張って攻略していこうと思います。
それでは、今日は一週目のプレイ感想を。ネタバレです。



とりあえず、EDを見たキャラとフィーリアの感想から。人によって長かったり短かったりしますが、決して愛の差というわけではありませんので。
フィーリア
可愛い! 台詞もないし、表情も変わらないけれど、すごく可愛いです! エクレールが溺愛する気持ちがすごく分かります。衣装システムで着せ替え出来るのが嬉しいですね。ゲームに反映されませんが、彼女を色んな格好にするのはとても楽しいです。選択肢も良い感じでした。中には黒い感じものもあって、やはり王族なのだなと思わされることもしばしば。でも、それもフィーリアが言うからむしろ可愛く見えてしまいます。性格描写はないのですが、自分的には、普段は王女らしくしとやかだけどエクレールといる時はお転婆な振る舞いもする明るい一面も持っている。あまり自分から前に出ない方だが、いざというときは毅然とした態度をとる芯の強い部分もある。そんな感じだと思います。
アストラッド
フィーリアの幼馴染みという設定から、彼のシナリオが一番王道かな。明るく純粋で人を疑うことを知らない性格ですが、最初はそれがちょっとお馬鹿さんに見えてしまうところがありましたね。でも、王の試練を通して少しずつ成長して且つ彼の良い部分は決して失わなかったので、その辺りから好感を持つようになりました。フィーリアへの想いに気付いても物怖じしないのもらしい。本当に真っ直ぐな人です。
ディトリッシュ
アストラッドが王道だと思いますが、ドラマチックさでは彼の方が上でしたね。特に父親である黒貴族とのくだりはドキドキが止まりませんでした。あと少しホロリともして。黒貴族から受け継いだ吸血鬼の血に葛藤し、そしてフィーリアへの愛によって打ち勝つ姿は感動ものです。EDで結婚した二人は、その後人間と闇の者の掛け橋の象徴となっていったのでしょうね。これまで見た中では一番恋愛ぽい終わり方でした。
ヴァルター
ある程度経験を積んでいるだけあって、普段はリードしてくれる大人な人。でも、過去の事あって淑女が苦手なので、フィーリアがたまにそういう雰囲気を醸し出すと慌ててしまう姿は可愛かったです。そんなギャップが魅力。しかし、彼のシナリオで一番印象深いのは、一般市民に倒されたヴィンフリートを見てエクレールが言った「弱っ!」の一言。ちょうど私も口に出した時と重なって、シンクロ率100%でした(笑)。
シルヴェストル
ヴィンフリートの父親にして、フィーリアにとってはもう一人の父親的存在。だから、どんな時でもフィーリアの味方になってくれる……わけではない。こちらがちゃんと王として相応しい行動をしなければ宰相派に移ってしまいます。その辺は、やはり彼も一領主なのですね。流石に年の差もあって恋愛には発展しません。あくまでも親子のような関係。でも、そこがほのぼのとしていて良かったです。
アデライード
領主の中で唯一の女性。だから、普通に友情EDしかないのかと思っていたのですが……いやはやスゴイ。まさかあちらのEDまで用意されていたなんて。でも、スチルが非常に好みなので○。彼女はとてもカッコイイ女性です。下手をすれば他の男キャラよりも数倍カッコイイ。フィーリアが惚れるのも分かる気がします(笑)。ある意味どの騎士よりもフィーリアを守ってくれる気がしますね。
ヴィンフリート
王女の執政官。最初見た時は普段フィーリアに冷たいツンデレかなと思っていたのですが、結構な王女命の人でした。子供の頃からずっと彼女に想いを寄せていたのですね。でも自分は執政官として彼女のサポートが出来るだけで幸せだから、彼女には彼女自身の幸せを見つけてあげたいという。何とも健気な方です。EDで想いが通じ合った時は素直に良かったね、と思いました。あと他キャラとの掛け合いも面白いですね。
エクレール
フィーリアの代弁者とも言える侍女にして従姉妹。最初はすごい毒舌に正直付いていけなかったのですが、慣れるととても可愛く見えてきました。そして面白い(笑)。特に「合点だ!」には爆笑しました。彼女は誰よりもフィーリアが大切だというのがイベント端々によく感じられます、何よりもまず考えるのは彼女の幸せという、ヴィンフリート同様すごく健気で良い子です。側近2人は本当王女命ですね。

一週目は難易度を通常にしていたのにも関わらず、結構苦労しました。ほとんど手探り状態でやっていたので暴動は頻繁に起こるわ、領主は失踪するわ決闘で死ぬわ、一度王女派に付いてくれたのに再び宰相派にいっちゃったりと。本当に難易度通常なのか、と考えたくなりました。それでも何とか過半数以上の支持を得るのは成功しましたが。多分高難易度でやることはないと思います。というわけで、二週目も普通で頑張ります。

スポンサーサイト
[ 2006/12/04 23:21 ] ゲームプレイ感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。