スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

つい考えてしまう

今週発売だってのに、またしつこくラジジオで流れた景時さん新曲を分析。分析というよりは、前回で書ききれなかった箇所の追記かな? ネタバレ、BL発言が多発しておりますのでご注意下さい。しかも今回は歌詞を反転しておりません。



今回の歌詞は、頼朝さんの影が非常に濃い気がします。「道化者」に比べると結構あからさまなものもありますし。「暗闇の僕(しもべ)」なんて本当そのままですよね。それにしても僕……僕か。流石、公式で「景時は私の犬」発言を頼朝さんにさせただけのことはある。泰衡さんも銀を犬って言っていたけど、頼朝さんとは響きが全然違う気がします。だって銀は泰衡さんを「泰衡!」って呼び捨てにしたことあるけど、景時さんが頼朝さんを「頼朝!」なんて呼ぶ日は永遠に来ないですもの。……フッ、つい自虐に走ってしまった。まあ、それはそれとして。何か、コーエーは明らかに頼景を匂わせたがっているように思えて仕方がありません。いえ、私がそう思いたいだけなのかもしれませんが。でも、この二人の関係って、単なる主従という感じがしないのですよね。元々、石橋山の出会いから普通じゃないわけですし。アクラムとイクティダールとか、和仁と時朝とかでは全然そんなこと思わなかったのになあ。何でなんだろう。乙女ゲー、しかもネオロマでBL要素なんて、今まで一度も考えたことなかったのに。この二人にすっかり狂わされてしまいましたよ、私は……て、ハッ、しまった! 話が逸れている! 戻して戻して!
しかし、改めて聴くと今回の歌詞は暗い……。「暗き闇路の~」って、どこまで真っ黒いんですか。やっぱり、景時さんの属性は闇、ということですか。あんなに太陽の下で洗濯する姿が似合う人なのに、哀しいです。だからこそ、景時さんは絶対に幸せにならなきゃいけない、という気持ちにさせるとも言えるのですけどね。

スポンサーサイト
[ 2006/11/27 23:15 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。