スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

よく聴けば

ウィキとか見ていたら無性に欲しくなって買っちゃいました、パレドゥレーヌ! すごい面白いです。ハマっちゃって一日中やってしまいました(苦笑)。小説はちゃんと更新したいので、恐らく日記の方はしばらく短くなると思います。
と、いうわけで今日の日記は短め。景時さんの新曲を聞き直してちょっと思い直したことです。



景時さんの新曲、歌詞は暗めだけど曲調は明るいなと思っていたのですが、前回の「道化者」に比べたら、今回は曲調も結構暗いと感じてきました。何か、「道化者」の時のような『爽やかさ』がないんですよね。もちろん、違う曲なのだから違っていて当然なのですが、景時さんといえばやはりあの普段の明るさというか爽やかさが特徴ですし。たとえ上辺だけの明るさだとしても。それも今回の「裏切り者」には感じられないんですよね。これは、イメージとなっているであろう無印壇ノ浦でのあの場面の景時さんが、もう普段の明るささえ保つことが出来ない状況になっている、ということなのでしょうか。そう考えれば、「道化者」の時はあれでもまだ精神的に余裕があった頃の歌なのかもしれませんね。あと、歌っている声。何だか、まるで今すぐにでも掻き消えてしまいそうな、「道化者」に比べて細い感じがします。そういう作りなのか、それともラジオで聴いたからなのかは分かりませんが。
何か、こう考えていくと、新曲ってタイトルそのまんまの暗い曲なのかも。一見ノリのある感じに騙されちゃっていたかな。それでも二番で少しは気持ちが浮上出来るといい。ていうか、それ希望。単に暗いままで終わるなんて嫌だあ(>_<)。
早く来て、CD!

スポンサーサイト
[ 2006/11/26 23:31 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。