スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

思い出とか

『ごちゃまぜこい』の続きを書くために学怖SやアパシーやまぜこいFを何度もプレイし直しているのですが。
そうしていると、学怖を初めて知った頃のことを思い出したりします。
せっかくだから、今回はその思い出話を文字にしておこうかと。
本当に単純な思い出話なので、大した話ではありません。




SFC版の『学校であった怖い話』が発売されたのが一九九五年でしたっけ。
自分が購入したのもそれぐらいだったと思います。
うちは母以外の家族がゲームをするので、学怖は確か姉が買ったんだったかな。
その頃の自分はゲームはやる方ではなく、人がしているのを見る方だったので、学怖も姉のプレイを見たのが最初でした。
ホラーは大の苦手でしたが、サウンドノベルは大好きでその前も弟切草やかまいたちの夜も父や姉がプレイするのを見ていました。
弟切草のミイラやかまいたちの夜の真理のストック攻撃で腰が抜けて動けなくなったのは今となってはいい(?)思い出です。

しかし、学怖は個人的にその二つを軽く超えていました。
荒い実写。恐ろしくも耳に残る印象的な音楽。個性的な語り部達。その彼らが語る怖い話の数々……。
どれも当時の自分にはトラウマとして深く刻み込まれました。
特に新堂さんの第二話『飴玉婆さん』で舌を交換する話は今も読めません。
そして、荒井さんの第六、七話で恐怖は最高潮に達して「二度と見るもんか!」と心に誓いました。
しばらくは音楽が頭から離れなくて夜中にうなされたものです。
でも、同時にすごく心に残っていて完全に忘れ去ることはできませんでした。弟切草もかまいたちの夜のも面白かったけどそこまでじゃなかったのに。
姉もかなりはまっていたのか関連本を結構購入していたので読ませてもらいました。
それでもやはり怖いので、どこかで情報を手に入れて隠しシナリオ『仮面の少女』を見たのを最後に学怖に関するものに触れることはありませんでした。
学怖Sの存在を知っていたぐらいです。

それから何年かして、こんな風にインターネットをすることが当たり前の状態になって。
何か面白いアドベンチャーゲームはないかと探していたら、学怖の話題をしているサイトを見つけました。
あの頃の恐怖やらそれ以外の何かを思い出して懐かしくなって、もっと話題はないものかと色々検索。
学怖のファンサイトさんを見つけてアパシーの存在を初めて知りました。
実はそれ以前に『鳴神学園都市伝説探偵局』は買ってプレイしたんですよ。でも、学怖と繋がりのあるものだと知ったのはプレイしている途中ででした。
でも、個人的に『鳴神学園都市伝説探偵局』はキャラに上手くはまれず、終わらせてそのまま放置してしまったので、それ以上の進展はしませんでした。
まさか学怖がその後、同人作品であんなにたくさん作品展開していたなんて思いも寄らなかった……。

一気に懐かしくなって、存在だけ知っていた学怖Sを中古屋で購入しようと思ったのですが、確かその頃はまだPS3のアーカイブスになくて、品数も少なかったためにものすごい値段で取り引きされていたんじゃないかな。
自分が秋葉原の中古ショップで見たのは二万円近かったかも。
流石にそんな膨大な値段では買うなんて無理なので、泣く泣く諦めましたよ。
アパシーにもその頃は手を出す気にはなりませんでした。
同人作品というものに免疫が無くてよく分からなかったし、実写じゃない学怖ってどうなんだろうと妙に心の狭い考え方をしていたもので。
それから時が流れて、ようやくPS3で学怖Sをダウンロードできるようになって。
早速プレイしたものの、やはりまだホラーは苦手だったのか二周ぐらいしたらもう怖くなっちゃってまた放置。
そして更に時は流れて、今から約二年前ですかね。色々あってついに同人作品の学恋2を購入したことが学怖にどっぷりはまる切っ掛けとなりました。

今ではもう毎日のように学怖で妄想する日々でして。
学怖のない生活なんて有り得ません。
こんなことならもっと早くアパシーを買っておくべきでした。
「実写じゃない学怖かあ」とか「あのメンバーで恋愛って想像できんわ」なんて思っていたあの頃の自分を叩きたくなります。
ただ、今こんな風に学怖にはまっているのは最初のSFC版を見た時に恐怖以外の何かが強く心に残ったからなんだと思います。
それがずっと自分から学怖の存在を忘れさせなかったんじゃないかな。
ゲームはたくさんプレイしていきましたが、そこまでのゲームは指の数ほどしかありません。もちろん学怖もそのひとつです。
すごく怖いけれど、ただ怖いだけじゃない。それが『学校であった怖い話』なんだと思います。
このような凄い作品を世に出してくれた飯島さんや制作スタッフの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
機会があったら、また学怖作品を出して欲しいですね。

でも、ホラーは今でも苦手です(;´▽`A``

スポンサーサイト
[ 2014/03/10 19:42 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。