スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アパシーの赤坂陽介

旧作とアパシーでは色々設定が異なりますよね。
まあ、学怖はパラレルワールドを採用しているので、作品毎に設定が異なるのなんて別に珍しくないのでしょうが。
その中でも旧作から出ていてアパシーでガラリと設定が変わったのは、やっぱり赤坂先輩かな。
アパシー全作品持っているわけじゃないから、他のキャラでもっと設定変わったキャラいるのかもしれませんが、私が知る中では赤坂先輩が一番ですね。

というわけで、今回は旧作とアパシーでの赤坂先輩の設定を比較してみようと思います。
ただ、何分資料はアーカイブスでダウンロードした学怖Sと赤坂先輩が登場する学恋シリーズしかないので足りない部分、間違っている部分があるかもしれません。




まず、旧作とアパシーをプレイし直してみました。
それで分かった違い。

旧作では
・赤坂は畑中たちからのリンチで死亡
・悪霊になった赤坂により、ボクシング部は衰退(新堂さん所属せず?)


アパシーでは
・ボクシング部の内紛に巻き込まれるも赤坂生存
・多少他の部に押されるがボクシング部は今なお盛況(新堂さん所属)


旧作で新堂さんがボクシング部に所属しているのかは言及されていないので分かりません。
あれだけボクシング部の事情に詳しいし、新堂=畑中設定でなければ現在所属していてもおかしくはないと思いますが。過去に所属していたという可能性も?
まあ、新堂さんが所属しなかったこともボクシング部が衰退してしまった原因のひとつと考える方が個人的には面白いので、ここは所属してないということで。

さて、これらから浮かぶ疑問は
・地獄の合宿での事件
・畑中の存在
・赤坂が得た力


一番違いが分かりやすいのは、地獄の合宿での事件でしょうか。
旧作では赤坂へのリンチ。アパシーでは内紛、と。
リンチ事件は旧作でがっつり語られているからいいのですが、内紛の方はアパシーでもちょっとしか触れられていないので詳細が分かりませんね。
『ミッコレの孫の手』によれば赤坂先輩が口を閉ざしているから、みたいなことが書いてありました。
ということは内紛で生き延びたのって赤坂先輩だけなのか? 他にいたらその人が喋ってそうだし。この内紛が原因でボクシング部の力がガタリと落ちたそうだから、死者とか結構いたのでは?
……ん? 死者がいたら廃部になっちゃうのかな? 事件後に辞めた部員が多かったとか?
まあ、あの学校なら平気で死者がいたとかもみ消す気がしますが。
でも赤坂先輩も生死の境をさ迷ったぐらいだから相当な大事件だった筈ですしねえ。
しかし、内紛て何があったんでしょう。旧作も考えれば上級生からのしごき(という名のいじめ)に耐えれらなくなった一年生が団結して上級生を……という感じのもの?
だとしても旧作のように脱走せず、上級生に反乱を起こそうとした何らかの理由が必要ですよね。
この話が聞ける日が来るといいのですが……。

次にボクシング部の話で重要なのは、畑中亨の存在。
旧作では赤坂をリンチし、死なせた上に遺体を埋めるというとんでもない男でした。そのせいでどの分岐でも悲惨な結末を迎えるわけですが。
ちなみにこの畑中。仮面の少女シナリオルートの場合、何と新堂さんの正体(?)になるのですよね。特別編の近藤に比べると曖昧な感じにされていますけれど。
ただ、赤坂先輩が生存しているアパシーでは、当然この設定が採用されることはありませんし、リンチ事件も起きていないことから畑中が悲惨な目に遭う理由もないわけで。
とはいえ、地獄の合宿での内紛が、実は畑中が主犯であったのではないか、という可能性は出てきます。
旧作でのボクシング部衰退のきっかけを作ったともいえますから、起こした事件がリンチ事件から内紛に変更されたのかも。
まあ、そもそもアパシーでは存在していないとバッサリ切っちゃうことも可能ですが。
でも消滅させるのはもったいないキャラではあると思います。

最後に赤坂先輩が得た力について。
地獄の合宿の内紛に巻き込まれて臨死体験したことで身に付いたんでしたっけね。
その力は学恋2によれば、電話越しでも相手の人間関係から現在の状態を知ることができる、という感じのもの?
更に相手の想い人がどんなタイプが好きなのかも分かる、と(その辺はゲームのシステム的なもの故な気もするが)。
大倉君みたいに悪魔の力を借りているわけでもないのに随分とすごい能力ですな。
ていうか、明らかに人外な飴玉ばあさんの好みまで把握できるってどんだけ?
何かまだ出てきてない能力とかもありそうで、赤坂先輩の底知れなさを感じてしまいます。
どうでもいいが、新堂さんが気になっている相手が男でも気にせずアドバイスする赤坂先輩の心の広さに惚れる。
流石に飴玉ばあさんのときは引いていたみたいだけれど、当然といえば当然?

最大の疑問は、何故旧作とアパシーでこれほど赤坂先輩の設定を変えたのか、ということですね。
アパシーといっても赤坂先輩が登場するのは今のところ学恋シリーズだけなので、他ではどうなのか分かりませんが。
でもここまで変更して、学恋Vでは立ち絵まで用意したのだから、もう少し出番を増やして欲しい気がします。
新堂さんとも電話越しじゃなくて直接会話しているところが見たい。
全ては飯島氏が復帰してからのお話ですね。
するかどうか知りませんが。まあ、気が向いたらまたやってくれるんじゃないですかね。
それまでは個人的に想像して楽しみます。

スポンサーサイト
[ 2012/09/28 23:05 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。