スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学校であった怖い話 特別編感想 5

最近SS書いてばっかりで、ゲームの感想がおざなりになってしまいました。
でもSSはもう少し書いていきたい気がします。
金本君の他には赤坂先輩を書いてみたいなあ。
私の中で赤坂先輩はチート級の強さだと妄想。
臨死体験で不思議な力を身に着けているし、鳴神の怪異とかにも詳しそう。
在学当時にも殺人クラブってあったと思うから絡めたりすると面白そうかも。
まあ、そこまで学怖の設定に詳しくないので、実現してもオリジナル満載になるかもしれませんが。

今回の特別編感想は『旧校舎探訪』。
旧作からまさかのあの人が再登場したシナリオでもあります。
ネタバレと若干の女性向け表現がありますので、ご注意を。




あくまで個人的な感想ですが、このシナリオはシステム的には探索編の方が面白いのですが、シナリオ自体は脱出編の方が面白かった気がします。
探索編は何か謎とか全然明らかにならなくて(1つはドッキリEDだし)突然終わっちゃうから消化不良な感じ。
坂上君と風間さんのやり取りは楽しいのですけれどね。校長室での風間さんのヘタレ具合に吹いた。

脱出編も黒幕(?)の清瀬さんが行方不明になっちゃったりとモヤモやする場面もありますが、ある程度の謎は推測で解き明かせますから。
何より語り部たちが語った話の霊たちと直接会話ができるのが面白かったです。
語り部の話だけでは明かされなかった事実も明るみになりますし。
これまではただの嫌な奴でしかなかった山形君の意外すぎる(若干病んでいる)純愛ぶりや我慢クラブの隠された死体の真実にはホロリときちゃいましたね。
細田さんが児島君に「友達になって欲しい」と言ったときはもう……。
やっと細田さんに心から友達といえる人ができたのだなあ、と。

逆に話ではひたすら良い子だった八尾芽衣子さん。曽我君との愛に生きた早乙女麻耶さん。
この2人は選択肢次第では実にしたたかな姿を見せてくれることになります。
詳細は省きますが、女性特有の怖さを感じましたね。
曽我くんの友達の荒井さんは驚いていましたが、同じ女性の岩下さんは八尾さんの本性に気付いていたのは流石といいますか。
もちろん選択肢次第では純粋なままの彼女たちでいてくれますけれどね。
でも個人的にはしたたかな展開の方が好きです。

ちなみに新堂さんの場合は弁当ババアのお話ですが、金本君を助けられたかどうかで分岐しますね。
助けられなかった場合は金本君が、助けられた場合は佐伯さんが出てくる、と。
これは福沢さんも同じで、彼女の場合は山形君の末路で変わるというもの。
片方が純愛ぽいだけにもう片方の彼は少し哀れ。やったことがやったことだけにあまり同情する気にはなれませんが。
金本君の時の新堂さんが可哀想なんですよね……。あれだけ捜していた金本君にやっと会えて助けられなかったことを詫びる姿が何とも言えません。
でも金本君は妙な悪霊に取り込まれてしまっているから、もう正気じゃない感じだったな。新堂さんたちも取り込もうとするなんて。
結局強制的に蝋燭を吹き消すことで事なきを得ましたが、新堂さんにとっては苦い再会になっちゃった感じでしたね。
金本君が助けられた場合は佐伯さんが出てきて新堂さんを襲おうとします。
「お前があたしの金本君を奪った!」みたいなことを叫んで(; ̄Д ̄)なんじゃと?
ええ、いけないと分かっていても考えちゃいましたよ。

「え? あの三人て三角関係だったの?」と。

新→金←佐、な感じ?
わあ、金本くんモテモテだ! ……な~んて( ̄ー ̄; ヒヤリ
あのED後の新堂さんと金本君のSSとか書きたいですね。
日野さん、死んじゃってるけど。
え? 風間さん? あの人はいつも通りでしたよ。

最後に旧作からまさかの再登場した清瀬さんについて。
正直彼を覚えていた人ってどれぐらいいたんでしょう?
私はミッコレの孫の手をちょくちょく見ていたので、何となく覚えていました。
でも印象なんてほぼなくてこの先再登場することもないだろう、と思っていたのが本音。
とはいえ、考えてみたら彼もまた『七人目』といえるので、再登場してもおかしくなかったのかもしれません。
ただ、ある意味満を持しての再登場の割には出番少なかったような。
探索編だとめっちゃ良い人みたいでしたが、脱出編では実は万引きの常習犯だったりするのですよね。
個人的には裏のある脱出編の方が好きかな。学怖に単なる良い人なんていませんから。
もしかしたら脱出編だって裏がないとは言い切れない気がします。
語り部たちが一様に清瀬さんを絶賛して日野さんの悪口言うところとかね。あの場合は日野さんにも問題ありそうですが、何か語り部たちが上辺だけの清瀬さんに騙されている感じがしないでもない。
まあ、あくまで個人的な見方なのですがね。

う~ん、色々考えると今回のシナリオはもう少し手を加えても良かったのではないか、と思います。
面白い試みはたくさんあったけれど、どれも中途半端といいますか。
清瀬さんを黒幕として、もっと掘り下げても良かったかも。
でも坂上君と語り部たちのやり取りは楽しいので、もう一回やろうかな。

スポンサーサイト
[ 2012/09/24 19:02 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。