スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学怖SS書いてみた Part4

今回は『金本君危機一髪! 倉田編』

暴走腹黒娘・恵美ちゃん登場。
ていうか、今イチ恵美ちゃんの性格が掴めません。
ただ、恵美ちゃんなら新堂さんと金本君の話には食いつきそうな気がする。
一応Part3と繋がっているので、よろしければそちらも読んでいただけたら嬉しいです。




「金本ー。一年の子が呼んでるぞー」

「一年? (俺、一年に知り合いっていないんだけど何だろう?)」

「初めまして、金本さん!」

「ええと……君は?」

「私、新聞部に所属してる、一年I組の倉田恵美といいます!」

「新聞部? ああ、じゃあこの間の七不思議特集のことで?」

「はい! できればあの弁当ババアのお話、もう少し詳しく聞かせてはいただけないかと思いまして」

「どうして? もう記事は新聞に載ったのに」

「坂上君から聞いたお話や彼の記事を見て、個人的にすごく興味が湧いたんです。あの時の出来事を金本さん自身がどんな風に感じたのか。差し支えなければ教えていただきたいな~と。もちろん周囲に言いふらしたりはしません。約束します!」

「うん、分かったよ。そんなに興味を持ってくれたなら俺も嬉しいから」

「ありがとうございます!」

「あの時のことは、今でもよく思い出すよ。それだけすごい体験だったからね」

「ですよね! それで?」

「俺は悪霊になってしまった佐伯さんに取り憑かれてしまったようなものだったけど、佐伯さんが全て悪い訳じゃないんだ。だって彼女は……」

「あ、そういう話はいいんです」

「へ?」

「私が聞きたいのは、新堂さんのことで」

「新堂君?」

「はい。新堂さんが金本さんのことをずっと見ていたと聞いてどう思ったのか」

「え? う、う~ん……まさか俺を閉じ込めたことをそんなに気にしてたんだって戸惑いが大きかったかな。でも友達思いで優しいんだなあって思ったよ」

「友達……。そう、最初は友情からだった」

「倉田さん?」

「そこに倉庫へ閉じ込めてしまったという罪悪感も混ざり、彼から目が離せなくなってしまった。気になって気になって、彼の事を考えない時は一秒だってありはしなかったわ」

「(な、何かひとりでブツブツ言い出したけど大丈夫かな?)」

「でも、本当は友情だけじゃなかったのよ。いつしか彼を見る目には自分を見てくれないことへの怒りが宿り、彼を自分の方へ振り向かせたいという欲求に駆られて……」

「あ、あの、倉田さん?」

「……はっ! あ、あはは。すみません。ちょ~っと自分の世界に入ってしまいまして」

「そ、そう」

「ところでお二人は普段どんなことをして遊んでるんですか?」

「ええ!? そ、それは弁当ババアの件と関係あるの?」

「いえ、そっちの話はもういいんです」

「も、もういいって、ほとんど何も話してないけど」

「やっぱり今でも肝試しツアーはされてるんですか?」

「(全然話聞いてない……)う、うん、受験勉強もあるからたまにだけど」

「二人で?」

「もっと大人数でやるときもあるよ」

「でも二人でやるときもある、と?」

「う、うん。(何でそんなに二人に拘るんだろう?)」

「心霊スポットという人の寄りつかない場所に二人きり……。何が起こるか分からないという不安から、二人は自然と身を寄せ合う。お互いの鼓動と息づかいだけが響く空間ではお互いを意識せずにはいられない」

「(……またひとりでブツブツ言い出した)」

「火照るような熱さは密着した体から感じる体温のせいだけじゃなくて、激しい劣情を抑えようとするあまり沸き上がってくるもの。でもついに抑えきれなくなり、やがて二人……はっ! 殺気!?」

「く~ら~た~!」

「し、新堂君? (何かすごく怒ってるみたいだ)」

「あ、あはは。新堂さん、こんにちは」

「こんにちはじゃねえ! 風間の野郎を締め上げて全部吐かせたぜ。お前、あいつに俺と金本の話聞いてくれって頼んだらしいな」

「ええ!? (……ちっ! あの変態ナルシスト、相変わらず口が軽いわね!)」

「どういうつもりだ。まさかまた妙な記事でも書くつもりじゃねえだろうな?」

「(妙な記事?)」

「ち、違いますよ~。今回は個人的な趣味のためといいますか、資料の一貫として……」

「どっちも同じだ! お前が絡むとロクな事にならねえ。今すぐそのノートを渡せ! でないとただじゃおかねえぞ!」

「い、嫌です! これは私の命の次に大事なノートなんですから。それに女子に暴力奮うなんて、新堂さん最低ですよ!」

「男だろうが女だろうが、人様の迷惑になることを平気でする奴は許さねえ。それが俺の信条なんだよ」

「くっ! かくなる上は……恵美ちゃん逃走よ!」

「こら、待て! 倉田ー!!!!!」

「ああ、新堂君! 倉田さん! (……行っちゃった。何だっただろう、結局)」

【終】

スポンサーサイト
[ 2012/09/22 20:24 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。