スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学怖SS書いてみた Part3

今回は『金本君危機一髪! 風間編』

みんな大好き(?)風間さんご登場です。
でもメインはピュアな2人のピュアなお話。
もう危機一髪とかそんな話じゃなくなっている気もしますが。
設定は学恋2で新堂編風間ノーマルED後。ただし新堂さんは鬼島に勝利したことになっています(その辺のことが出てくるわけじゃないけど)。
出てくる人が人だけに今までのより長くなっちゃいました。中身ないのは同じですが。
あと、今回腐向け表現が濃いかも。でも別に金←新←風なわけじゃない。
最後にちょっとした後日談があり、あの子が出演しています。
もしかしたら次回に続くかもしれないし、続かないかもしれません。




「金本君♪」

「え? ……う、うわあ!!!」

「嫌だなあ、そんなに驚くことないじゃないか。いくらこんなパーフェクトなカッコマンが傍に来たからって」

「え、えっと……詠山高校の人達から助けてくれた……」

「そう、鳴神学園のアイドル・風間望だよ。テストに出るから覚えておくように」

「あ、あのときは、助けてくれて、あ、ありがとう」

「お礼なんていいんだよ。まあ、形としてくれるなら喜んでもらい受けるけどね」

「形?」

「とりあえず五百円! ……といいたいところだけど、君の場合はあのときのことを誰にも話さないってことで手を打つよ。……約束してくれるね?」

「!!! う、うん。あのときのことは、だ、誰にも言わないよ、絶対!」

「それは良かった。……ところで君とは一度話をしてみたかったんだよ」

「え? 俺と?」

「そう。君、弁当ババアの金本君だろう? 新堂が七不思議の集会で話した」

「ああ、うん」

「いやあ、あの話には甚く感動してねえ。新堂と君の友情はとても素晴らしいよ」

「そ、そんな風に言われると何か恥ずかしいけど……。でもありがとう」

「うんうん。怖い話をする集会なのに真顔で『俺とあいつが如何に親友になっていったか』を話す新堂の姿には笑いが……もとい、涙が止まらなくて」

「は、はあ」

「特に新堂が君の事を想うと体の一部が熱くなると聞いたときは……ぐはあ!」

「誰の何が熱くなったって? ああ?」

「し、新堂君」

「し、新堂。背後から突然スリッパで叩くなんて卑怯じゃないか。スポーツマンの風上にもおけないぞ」

「うるせえ! さっきから聞いてりゃペラペラ勝手に嘘並べやがって!」

「失敬だなあ、君は。ボクは嘘なんてひとつも言っていないよ。全部君が七不思議の集会の時に話していたんじゃないか」

「どこがだ!? お前、人の話ちゃんと聞いてたのかよ?」

「ええ~、言ってただろう? 金本君の事を考えると昼も夜も眠れな~いって」

「へ?」

「ばっ! ちげーよ! 俺はこいつのことはが気になって丸一日他のことが手につかなくなっただけだ!」

「……そっちの言い方の方がむしろ怪しく聞こえるんだけどねえ」

「どこがだ! ダチの様子がおかしくなったら心配すんのは当たり前だろうが」

「お友達ねえ……」

「お前がそういう含みのある言い方するからおかしく聞こえんだよ!」

「……新堂君」

「金本?」

「ごめん、そんなに責任感じてたんだね」

「え? ……いや、元々は俺がお前をあそこに閉じ込めたのが原因だしよ。責任感じるのは当たり前だろ。つうか風間に乗せられて、んな話蒸し返すなよ」

「うん、でも、ありがとう」

「……おお」

「……あ~あ、馬鹿らしい」

「あ? どういう意味だよ、風間」

「何かからかうのもつまらなくなったから帰るよ。後はピュアな者同士、仲良くどうぞ」

「ピュ……何だそりゃ?」

「まあ、予想外に面白いものも見れたし結果は上々だったかな。それじゃまたね、金本君」

「う、うん。さよなら」

「はっはっは。では二人ともアディオ~ス!」

「おい、風間! ……行っちまった。結局何がしたかったんだ、あいつ」

「さ、さあ?」



~後日談~

「もう~本当にありがとうございました、風間さん!」

「いやいや、恵美ちゃんのためならこれぐらいお安いご用だよ。でも約束のものはもらえるよね?」

「もちろん! これ、お約束の五百円です。どうぞ、お納めください」

「うん、確かに。……それにしてもボクがした話が本当に君の役に立つのかい?」

「はい! これで次のコミケには今まで以上の作品を出品することが出来そうです」

「う~ん、その辺はよく分からないけどね。男二人のむさ苦しい友情話なんて何が楽しいんだか。しかもわざわざそれをボクに聞いて欲しいなんてさ」

「そこは同性視点で聞いた話もあった方がリアリティが出て良いんですよねえ。女子だとつい別の方向にしか見えなくなっちゃうこともあるし」

「まあ、君に喜んでもらえたなら良かったよ。どうだい? 今度デートでも……」

「さあ、早速帰って資料をまとめなくちゃ! 恵美ちゃん、忙しくなるわよ! それじゃ風間さん!」

「おい、恵美ちゃん。……行っちゃったよ。相変わらず忙しない子だねえ」

【続?】

スポンサーサイト
[ 2012/09/18 20:36 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。