スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

学校であった怖い話 特別編感想 3

『学恋V』を購入しました。
これでとりあえずアパシーシリーズで欲しいのは買えたかな。
最終版もちょっと気になっているのですが、特別編にVNVのシナリオが、追加ディスクにAMC2のシナリオが収録されたことを考えると、もしも今後もうひとつぐらい追加ディスクが発売されたら最終版のシナリオも収録されるのではないか、と思い、迷っているところです。
まあ、現在学怖原作者の飯島氏が仕事を休業しているそうですから、実現の可能性は低そうですが。
とりあえずもう少し考えてみます。

今回の特別編感想は、個人的に特別編を購入しようと思ったきっかけである『団結』シナリオについて。
ネタバレだったりエグい話もあったりするのでご注意を。




『団結』はイジメがテーマなだけに軽々しく発言できる話ではないのですよね。
ただでさえ昨今問題になっていますし。
もっともイジメは昔からあるのに大事件にならないと問題にしないこと自体が問題なのではないかと思うのですが。
その辺のことを言っていたら話が逸れてしまうので、止めます。
ここは『団結』シナリオの感想を書く場なので。

まず言えること。
この『団結』では近藤が100%悪い。
近藤が自分の欲望を満たすためにクラスを暴力で支配しなければ、そもそもこんな事件は起こらなかった。
たとえ彼のイジメが最近の陰険なものではなく、ジャイアンを凶暴化したようなものだとしても。
だから、彼がクラスメイトたちに多少の報復を受けたとしても自業自得でしかないと思います。

しかし、クラスメイトたちが全く悪くないとも言い切れません。
彼らは元々被害者だったのだから、上でも言ったように多少の報復は許されるでしょう。
とはいえ、あくまでも「多少」です。いくら近藤が極悪人だとしても彼らはやり過ぎてしまった。
それに途中から彼らはどう見ても報復ではなく、近藤と同じように楽しくて近藤をイジメていたのでしょうから。
『狂気の宴ED』で新堂さんも言っていましたが、誰かが止めるべきだったのですよね。
でもやはりイジメを止めるというのは本当に難しいことだと思います。
どうしたらこの悲劇を防げたのか。完璧な答えは出ないでしょうね。

さて、この話で最も印象的だったのは、何といってもこの近藤の正体がEDによっては新堂さん本人になるというところです。
正直この設定を知ったのが特別編を買うことにした理由のひとつですから。
旧作でも畑中=新堂さん設定がありましたが、あちらは本当にそうだったのか曖昧な感じだったかと。
でもこちらは本人の口から聞けるので、完全に同一人物。
『悪夢に囚われてED』は本当に体がガクガク震えました。
怖かったからだけではありません。近藤=新堂さんの叫びが恐ろしく、そして悲しかったからです。
新堂さんは近藤のことを「性根の腐った奴」と称していました。これは2人が同一人物だった場合、自分自身を自虐的に言っているということになります。
悪霊になって自分のことを客観的に見つめるようになったのでしょうか。
確かに彼が行ったイジメを考えればそうなのかもしれません。
しかし、個人的には彼が完全に腐っていたとは思えないのですよね。
何故なら、彼は母親(家族)を大事に思っていたから。
『悪夢に囚われてED』で新堂さんがクラスメイトたちへの復讐に燃えたのは、お母さんが殺されてしまったことが大きな原因だったんじゃないかな。
本当に芯から腐っている人って家族ですら平気で犠牲にするのではないでしょうか。学怖にそういう人はたくさんいますから、むしろ近藤はまだ常識的だと思ってしまうのですよ。
『狂気の宴ED』ルートでも酷いいじめに遭っても近藤が学校に来たのは、家族に危害を加えると脅されていたからではないかと新堂さんが言っていましたしね。
こちらの場合は近藤=新堂さんじゃないみたいなので、あくまで新堂さんの想像でしかないのですが。
別に家族思いだったからといって彼の罪が減るわけではありません。ただ、少なくとも彼には自分以外の誰かを思う気持ちがあった人間であったことは確かでしょう。
ところで近藤=新堂さん設定ルートではお母さんも殺されてしまうわけですが、新堂さんの話によれば、遺体は近藤のものしか見つかっていないのですよね。お母さんは何故か行方不明扱い。
これは何でなのでしょう? 悪霊になった近藤がお母さんの遺体を隠したとか? クラスメイトたちにこれ以上傷つけさせないためとか?
あとクラスメイトたちが後に自殺している人が多いというのは、社会に出て罪悪感を知ったのか。それとも近藤の呪いで自殺に見せかけて殺されているのか。
うーん、謎が深いですね。

個人的にこの近藤=新堂さん設定は七話目まで引っ張っても良かったのではないか、と思うのです。
旧作の荒井さん六、七話に近い感じにしたら面白かったかも。
まあ、今後もシリーズが続くとしたら、この設定が別の形で活かされることもあるかもしれませんよね。
自分で妄想しながらその日を待つことにします。

スポンサーサイト
[ 2012/09/08 16:20 ] 学怖(アパシー含) | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。