スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あまり考えたことないけれど

今日はピスメについてでもちょっと趣向を変えたお話を。
まあ……早い話、ピスメでBL的なお話をしようかと思います( ̄ー ̄; ヒヤリ
正直あまり考えたことないのですがね。
ちょっと個人的に「このカップリングならアリかも」と思うものがありまして。
全く需要なさそうですが( ゚Д゚)ァハハ八ノヽノヽ・・
エグい表現も普通に出てたりするので、そういうお話が嫌いな方はご注意下さい。




もう一度言いますが、私はピスメでBLってあまり考えたことがないんです。
本編がちょっと女性向けっぽい(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!ので、そういう作品だと逆に思い付かないといいますか。
山南さんと明里さんや鉄之助と沙夜などのノーマルCPが大好きなのも理由のひとつかも。
ピスメで人気なのは土方さんと沖田さん。鉄之助と山崎さん。平助と新八っつぁんでしょうか。昔検索したらそんな感じのが多かった気が。
あと土方さんと鉄之助。新八っつぁんと左之もあったかな。
好きな人たちが楽しむ分にはそういうの全然OKだと思いますよ。
でも私の中ではどれも友情とか親愛の情という風にしか感じないですね。
ただ最近「これならアリかも」と思ったCPを見つけました。
それは……。

山南さん×平助

です。
……ね、全く需要ないでしょう?【苦笑】'д`))σァハァハ・・
正確には山南さん←平助で、完全平助の片想いなんですが。
山南さんには明里さんという恋人がいますし、このCPが大好きなので2人の幸せを壊したくないのですね。
「じゃあBLなんて考えなくていいじゃん」というツッコミには耳を塞ぎます(;´゚∀゚`)タラー・・
そもそもついこの間まではこの2人でもBLとか一切考えていませんでした。
平助の山南さんへの想いは純粋な好意で本当のお兄さんのように慕っていたと思いますし、今もそれは変わりません。
ただ、最近そこに多少の恋愛感情があったパターンもいいんじゃないかな、なんて。
そんな風に考え出したらどんどん妄想が膨らんでしまいました(^▽^;)
でも山南さんは平助の気持ちには全然気付いていなくて、平助自身も気付いていなかった。
山南さんが死んでしまってようやくそのことに気付いた、みたいな。それぐらいです。
試衛館メンバーとかは気付いていた人がいてもいいかも。
土方さんとか沖田さんとか新八っぁんとか。近藤さんと左之はそういうの鈍いと思うし。
とにかく純愛というか平助の片想いであればBLもいいな、と思ったわけです。

しかもこれだけではなく、何とこのCPに伊東さんが入ったりしますΣ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
つまり実際は……。

伊東さん×平助→山南さん

となります。
……最早「Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン」という感じですが。
とはいえ、伊東さんて渋めの同年代か年上が好みなんですよね。
だから、本編であんなに土方さん好きだったわけで(* ̄m ̄)プッ
かなり好みだったらしい斉藤さんも実年齢が若いということで興味が半減しちゃったぐらいですから、年齢にはかなりこだわっていたみたいです。
本来なら若くて渋みなんて全然ない、それどころか幼いとまで表現される平助なんて全くタイプじゃない。
この辺は私の中のイメージでもそうです。伊東さん、平助は全然タイプじゃありません(キッパリ)。
じゃあ、何でそういうことになってしまうのか。
まあ……要は……慰めです。
山南さんが死んで落ち込んでいる平助を見て……愛は愛でも別の愛情みたいな感じ?
そこに打算がなかったといえば嘘になりますが。
でも個人的に平助は伊東一派には嫌われていたけれど、伊東さん本人からはある程度好感は持たれていたんじゃないかな、と思っています。利用していたとしてもね。
伊東さんは平助の事を「平助」と呼び捨てにしていましたし、ある意味一番平助の心情を理解していたのも伊東さんだったかと。
平助も伊東一派は嫌っていても多分伊東さんの事は尊敬していたと思いますし、2人の間にはそれなりの信頼関係が築かれていたんじゃないかな。
だから、たとえ打算があったり、慰めを求めただけだとしても最終的にはちょっとした情が芽生えていたら……。
……なんてねヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ
自分、伊東さんにちょっと夢見過ぎているのかもしれません。
ピスメの伊東さんは悪役なのですが、単純な嫌な奴にはしたくないな、とも思っちゃうんですよね。
しかしこれほどピスメの伊東さんが『ガチ』の設定だったことを喜んだことはなかったな( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
そしてこれほど需要のないCPもそうないでしょう。
まあ、こういうのは周りに迷惑にならないようにしながら自分が楽しめればいいわけですから。

仮にもし、サイトのジャンルにピスメを増やす時がきたとしても上のようなBLもやるかどうかは不明です。
ただでさえBLは書くのが難しいですからね。ていうか、創作自体難しいですけれど。
素晴らしい絵や小説が描ける方が羨ましいです(〃´o`)=3 フゥ

スポンサーサイト
[ 2012/07/27 23:35 ] マンガとアニメ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。