スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

維新の嵐 幕末志士伝

新選組にはまっていた頃、小説やゲームなど様々な作品を読んだりプレイしたりしていました。
小説では『燃えよ剣』がやっぱり一番印象的ですね。私が新選組にはまるきっかけになった作品ですから。
ゲームでは『風雲 新撰組』でしょうか。ラストが史実と異なっているけれど、すごい衝撃的で「こういうのもいいな」と思いました。

ただ、ゲームではあるイベントがすごく印象に残っているものが他にあるのですよね。
それがタイトルにもなっている『維新の嵐 幕末志士伝』。
このゲーム、坂本龍馬さんか土方歳三さんになって幕末の時代を生きるわけですが、行動によって歴史が史実と全く異なる方向へいくのが魅力でした。
ただ、私は土方さんでしかプレイしてないので知らなかったのですが、坂本さんの方が色々分岐が多かったのですね。まあ、それは置いておいて。
また思想が異なる相手を説得すれば自分と同じ思想に変えられることも可能でした。これにより新選組では山南さんの脱走や藤堂さん(ピスメ以外の作品の場合は藤堂さんと呼んでいます)が御陵衛士になるのを回避することが多分できました。
多分、というのは昔攻略本で確認しただけで実際にプレイしたわけではないもので(;´▽`A``
私は史実通りの展開プレイしていないのですが、その中で山南さんの脱走の場面が印象に残っているというイベントです・

これ以上はイベントの詳細が書かれているので、ネタバレ注意。




史実では山南さんを追ったのは沖田さんでした。
しかし、この幕末志士伝では4人の内の1人を追っ手に決めることができます。
その4人というのは、

沖田総司
永倉新八
斎藤一
藤堂平助


です。
もちろん沖田さんは史実通り。
また永倉さんも若干内容が異なるだけで大まかな展開は沖田さんと同じだった筈。
斉藤さんだと見つけたところで対戦し、勝ったらその場で処罰してしまうという衝撃的な展開に∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

ただ、個人的に一番印象的だったのが藤堂さんを追っ手に選んだ場合の展開。
何と山南さんを逃がしてしまうんですね。
それ以外の3人が捕らえるか処罰する展開だったのに藤堂さんだけは山南さんを逃がしてしまうとは……。
しかもその唯一が同門の藤堂さんというのが何と最早(T△T)
逃がした後の土方さんとのやり取りもまたいいですね。
逃げられてしまったという藤堂さんの嘘に気付きながらもその嘘に騙されるふりをする土方さん……。
本当はどの展開でも逃がせるなら逃がせてやりたいという気持ちがあったのかな、そうだといいな、と思いました。

それでここからピスメの話になるのですけれど。
もしも平助が山南さんを追った場合でも逃がしていたんじゃないかな、と思うのです。
まあ、実際平助はそこまでできるような精神状態ではなかったようですが。
ただただ山南さんが脱走したという現実に打ちのめされていた感じだったかと。
それでも山南さんが死んだ後はどこかで後悔したんじゃないかな。
「俺だったらあの人を逃がしていたのに」って。
『潜』で坂本さんを逃がしたのは伊東さんの命令だからというより、ずっとそんな後悔が残っていて坂本さんの状況を山南さんの時と重ねたから、と私は考えています。
まあ、この辺は本当複雑で「これが答えだ」というものが簡単に思い浮かばないのも事実ですが。
ピスメは難しいです( ̄へ ̄|||) ウーム

スポンサーサイト
[ 2012/07/20 23:00 ] マンガとアニメ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。