スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ときメモGS3 1週目感想

プレイしてみて全体的に感じた部分と、桜井兄弟3人ED2、流夏くんの告白ED2の感想です。
短いですが、完全ネタバレなので、ご注意下さい。
一応反転しておきました。




まずは、全体的な感想から。
個人的に今回はシリーズ中最高傑作ではないかと思っています。
システムは前作までとほぼ同じながら、欠点がしっかり直されており、新しい部分もすごく楽しめました。
三角関係モード搭載のためか、今回は爆弾がつきにくくなっているのでしょうか。そうだったら、他のキャラをあまり気にせず、お目当てのキャラ攻略に励めそうですね。
残念な点は、一部のミニゲームがちょっと難しく感じたこと。称号がもっとたくさんあれば良かったこと。これぐらいでしょうか。
何度かプレイしたら、色々変わるかもしれません。

キャラクターも現時点で今回が一番良いな、と思いました。
特に女の子キャラがピカイチ!
やはりライバル同士にならないのが大きいですが、それを抜かしてもすごく魅力的!
お泊まり会のパジャマ姿がもう可愛くて可愛くて(オヤジ化)。
プレイ途中「先に女の子からED見ようかな」と考えちゃいました(^-^;)。
それから大迫先生! あんな先生が実際の学園生活にいたら、もっと楽しかっただろうなあ。本当に良い先生です。
ちなみにどうやら先生ともEDがあるみたいですね。最後の方にとっておきます。
あと、はばたき学園が舞台というだけって、1のキャラが再出演してくれたのも嬉しい。
氷室先生がより格好良くなっていました。そして更に面白く(笑)。
前作はPS2版しかプレイしていないので、DS版が欲しくなりました。
男の子たちが主人公の呼び名を変えるのがちょっとしたミニイベント風になっているのも良かったです。今までは突然変わってびっくりしましたから。
「これからは名前で呼んでいい?」と聞いてくるのが甘酸っぱくて青春て感じがしましたね。

さて、ここからEDのお話ですが。
三角関係モードはやっぱり心が痛みましたねえ。何か2人の男を手玉に取っている感じがして。主人公がいい子だから、悪い感じがしなかったのですが。
VSイベントはもう……! 切なくて辛かった! あんなに仲の良い兄弟の2人が主人公のために険悪になるのにはすごい罪悪感……を感じつつ、つい萌えてしまいました。
恐るべし、ときメモマジック(笑)。
でも、元々仲が良い2人だから、それほどドロドロならなかったのは良かったです。仲直りイベントの時は本当にホッとしましたよ。
仲直りイベント後のEDは、とりあえず決着は保留ということなのかな? 今はまだ3人のままだけど、いつか主人公はどちらかを選ばなきゃならない日が来る。そういうことなのかも。その辺が若干中途半端だったかな。
で、同じデータでVSイベ突入から流夏くん寄りでEDを迎えました。
途中で琥一くんが主人公に「あいつを頼む」と伝えるイベントがあるのですが、これがまた切なくて……。
好きな相手を諦めるってすごく辛いことですよね。時にはその相手を責めたくもなるのに、琥一くんは終始優しくて(泣)。
他のキャラでもあのイベントは全部見てみたいです。
そして、流夏くんED。今回の王子は見事大ヒットでした!
見ていないイベントがまだあるので、流夏くんの過去や悩みを全て知っているわけではないのですが、彼の繊細さや脆さには胸がグッとなります。そんな彼が主人公と再会したことで、少しずつ変わっていく流れも恋愛映画を観ているかのよう。
私、普段恋愛映画って観ない方なのですが、この2人の映画だったら観たいな、と思いました。
何か、これまでのGSの中で一番「ここまでプレイして本当に良かった」と思えるEDでした。
今回は全キャラ全ED網羅したい気分です!
それぐらいに素晴らしい出来だと思います。
乙女ゲームが好きな方には是非おすすめしたいですね。


スポンサーサイト
[ 2010/06/29 17:47 ] ゲームプレイ感想 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。