スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遅まきながら

「Cure! vol.22」を購入しました。今日はその感想です。景時さんへの愛ゆえに、真っ白い私とドス黒い私の二人がいます。他キャラファンの方はご注意を。



舞一夜の映画版とかゲーム版の特集だったので、3の情報は少なかったのですが、『神子のこころえ』というコーナーがありました。早い話、ゲーム中の会話を再録したものにちょっとコメントが書かれているだけなんですが。いくつか知らなかった会話もあったので参考になりました。黒龍は白龍とちがってかなり難しい性格だとか。朔が連れてきた時、景時さん大変だったでしょうね(笑)。あと、八葉は宝玉が選ぶという話のコメントで「もし宝玉と話ができるなら、みんなを選んだ理由を聞いてみたい」と書いてあったのを見て、
「うんうん、そうだね。でも、地の白虎の宝玉だけには……、
 何で景時さんから離れたんだ!!! 
 しかも何で景時さんルートの時しか戻らないんだよ!!!!!」
……と、(ないけど)胸ぐら掴んで問いつめたいと思いました。ていうか、本当に聞きたいです。あれは、遙か最大の謎でしょう。
そう、今回の最大の見所といえば『キャラクター人気ランキング』。思えば今回は、これのために購入したようなものです。ネットで噂は聞いていたのですが……本当でした。3のランキング、景時さんが一位でした! 見た瞬間「やったー!」と素直に喜ぶ反面、「何で?」と客観視している私がいました。いえ、だって、ねえ。もちろん私は景時さん大好きですけど、世間一般で彼があまり人気ないのはしっかり理解していますから。ヒノエくんや弁慶さん、知盛などを抑えて一位になるなんて考えたこともなかったです。一体何効果だったんでしょうか。迷宮? 景時さん、結構メインだったし、クリスマスの魔術師なんてもう最高だったから、それ効果? 真相はわかりませんが……ここは素直に喜んでおきます。理由はどうであれ、たくさんの方が景時さんに一票入れてくださったのですから。今回は永久保存としてとっておきます。他意はありません、全然。
ここからはブラックコメント。一応反転しておきます。

商品情報のページで、十六夜記ビジュアルブックのサンプルに九郎さんの十六夜EDの絵が使われていたのを見た瞬間、
「……ボールペンかサインペンで塗り潰してやりてぇ!!!」
と、思ってしまいました。何とか思うだけで自分を抑えたけれど、景時さんへの愛がここまで大きかったとは、私もビックリです。ごめんね、九郎さん。貴方のことも大好きだよ(←説得力無し)。


書き終わってみると、ほとんど黒っぽかった気がする……。

スポンサーサイト
[ 2006/09/12 23:22 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。