スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今更だけど

『ドラゴンボールの秘密2』という本を買いました。
……連載が終了してもう15年近く経っているというのに(笑)。
ちなみにこれ1994年ぐらいに出た『超ゴクウの研究』という本を新装して新たに発刊したものらしいですね。
だから、内容は魔人ブウが犬(ベエ)と出会った頃辺りまでを参考にした考察が書かれているのですが……。

そうそう。明日から数日ほど外出するので、日記をお休みします。

では、以下は続きで。



最終回まで知って読むと間違いだらけで逆に笑えてきます。魔人ブウ編の結末とか「ものすごい考察してんなあ」って感じです(^-^;)。
それもそのはず。魔人ブウが犬(ベエ)と出会った頃までの内容を参考にしているわけですから、悟飯が潜在能力を解放されたり、悟空が老界王神の命をもらって生き返ったり、ベジータが1日だけ生き返って悟空とポタラで合体……なんて展開など知らない状態ですしね。むしろ「ベジータを何とか蘇らせられないか」と考えているぐらいですから。
ただ、いくつかの考察を読んでいて、後のゲーム作品のifストーリーにも出てきたような設定が書かれているので、もしかしたらゲームスタッフがifストーリーを考えるときに参考にしたのかもしれません。推測ですけどね。

あと、未来編のことも少し書かれていました。
過去と未来の違いとか、タイムトラベルの謎とか。更に「いずれ未来世界にも魔人ブウの恐怖が!」という真武道会2の内容を思わせる考察もされていました。
その中でも一番興味深かったのが、未来悟飯についての記述。
未来悟飯が如何に壮絶な人生を歩んだのか、ということが書かれていてちょっと切なくなりましたね。
悟空を病気で亡くし、ピッコロやクリリンたちも人造人間に殺され、10年以上をたったひとりで戦い続けた未来悟飯。
現代での学園生活も、ビーデルとの出会いもなく、ひたすら戦った末に片腕をなくし、顔に傷も作って、更に20歳そこそこで死亡。
……書いているだけで涙が込み上げてきます。真武道会2が作られて本当良かったな、と改めて思いました。
未来悟飯のことはアニメ設定を省いた原作のみの本だとほとんど語られないので(『ドラゴンボールの秘密2』も原作設定のみの本)、ちょっと嬉しかったです。

……ただ、何故かトランクスの初登場年齢が17歳ではなく14歳になっていました。
どうやらアナザーストーリーの『たったひとりの戦士』で、タイムマシンで行く過去の年代が20年前ではなく17年前になっていたことが原因のようです。これは明らかな間違いですね。その間違いを正しいと認識してしまったのでしょう。
でも本編では確か20年前に来て「年は17歳です」とトランクス自身が言っていたような気がするのですが……。
何でそっちを参考にしなかったのか。謎だ(-_-;)。

スポンサーサイト
[ 2009/10/23 22:58 ] ドラゴンボール | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。