スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

薄明の時 10/5

予想以上に長くなった連載会話SSも残すところあとわずかとなりました。
恐らく最後まで下らない話になるでしょうが、よろしければおつきあい下さい(^-^;)。

それでは、今回のあとがきです。
大分あとがきも多くなったので、ぼちぼちあとがき一覧を作ろうと思っています。



今回のお話は「王子は意外(?)と豊富」。
サイヤ人の王子・ベジータがメインのお話です。
実を言うと今回のお話、これまでで一番難点でした。理由はベジータのそういった方向についての考えが今イチ分からなかったから。
これまでのお話は割と書く前から構成がある程度頭の中でまとまっていたのですが、今回は書く前に2つの構成が浮かび上がってしました。ひとつは、こういった話は大の苦手で「下品だ!」と叫ぶような感じ。もうひとつは全く真逆で平然としているイメージ。
最初は前者の方かな、と思ったのですが、それだと現代悟飯と話がかぶってしまう恐れがあったので、最終的に後者の設定で書くことを決めました。
ちょっとやりすぎたかな、とも思ったのですけれど。ベジータはあんなこと言わないかもしれませんし。まあ、このお話では全員キャラが壊れていますがね。

しかし、実際はどっちなのでしょう。やっぱり世間では前者のイメージなのでしょうか。私は結構後者もアリかな、と思っているのですが。
ベジータとブルマがどのようにしてくっついたのかは原作では全く描かれていないので、未だに深い謎ですよね。何か愛情とかの前に体からくっついたイメージもあるので、今回のような経験豊富なベジータも間違っていないかも、と思ったり。
逆に女なんかには一切興味を示さなかったというストイックなイメージもベジータには合っていますよね。最初の女性がブルマでもいいかも。
ただ悟空でさえ19歳でチチと……なんですよね。いや、別にそこで対抗意識燃やす必要は全くないですけれど。
……結局のところ、よく分からないです(苦笑)。
とりあえずこのお話では経験豊富なベジータってことで。

今回のお話で一番書きたかったのは、ベジータとトランクスのケンカでした。ケンカってほどでもないけれど。地球にとってはいい迷惑(笑)
トランクスは父親のことは大好きだと思います。尊敬もしている。でも悟飯が絡むとそれ以外のことは一切目に入らないと。
うちのトランクスの中には、悟飯と他の人との間には何があっても越えられない壁があるのです(断言)。
……今回あまりあとがきっぽくなかったな。

スポンサーサイト
[ 2009/10/05 21:07 ] サイト関連 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。