スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『魔女裁判』終了

終わりましたね。
途中から見ましたが、結構面白かったです。
以下はネタバレの感想なので隠します。



見終わって最初に思ったのは、

「全ては魔女の思うがままに」

でしたね。
正に魔女の一人勝ち、といった結末でした。

このドラマは裁判がテーマなので、結末は

魔女は有罪。判決でも有罪。
魔女は有罪だが、判決は無罪。
魔女は無罪。判決でも無罪。
魔女は無罪だが、判決は有罪。


のどれかだと思っていました。
そして、サスペンスでもあるため、私が予測していたのは「魔女は有罪だが、判決は無罪」。
見事正解しました。魔女の娘も魔女だったってところも(^-^;)。
でも結構当たっていた人いたんじゃないかな。

最後まで脅しに屈さなかった主人公の生田くんの最大の失敗は、魔女の娘の(嘘の)自白を聞いたときに警察署か裁判所で全て話すことをさせず、そのままにしてしまったことだったと思います。あそこでそうしていれば魔女の目論見は崩せたのではないかと。まあ、それをやったら話がそこで終わってしまっていたでしょうが。
情に厚い主人公を、情を利用して巧みに操った魔女は恐ろしいですね。弱みを握ったり、大規模な基地を作ったりしていた黒川よりもずっと怖いです。そういえば黒川は結局負けてしまっても脅迫していた裁判員の弱みを暴くことはしなかったのですね。自分達のこと口外しなければ何もしないなんて。意外と優しいのか?(違うか)
でも最後、魔女によって加藤あいさん演じる奥さんに正体を暴かれてしまったから、今後どうなるのか気になりますね。そこが描かれることはないけど。

他にも書きたいことがあったのですが、ちょっと整理がついていないので今日はここまで。
後日に頭を整理してから書くかもしれません。
ただ面白かったのですが、できれば最後は主人公に勝って欲しかったな。黒川にも魔女にも。このドラマが「有罪の人間を無罪にしてしまう可能性のある、裁判員制度の穴」をテーマにしていたのであれば成功だったと思いますが。
でも楽しませていただきました。今後も生田くんには頑張って欲しいです。

スポンサーサイト
[ 2009/07/14 23:37 ] テレビ他 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。