スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

すごい2人

たまにですが、時間ができると私はウィキペディアをよく読んでいます。
真偽の程は定かではないけれど、豊富な情報を一気に取得できるのでとても勉強になるのですよね。
その中で、この間ドラゴンボール関連の記事を読んでいて改めて悟空とベジータはすごいんだなと再認識しました。
何故かというと。



サイヤ人の、主に超サイヤ人についての記事の部分にこう書いてあったんです。

原作で超サイヤ人になれるのは、孫悟空、孫悟飯、ベジータ、トランクス、孫悟天の計5人である。地球人との混血のサイヤ人は生まれながら高い才能を持っている事が多く、純血のサイヤ人で超サイヤ人になれるのは原作、アニメを含めても悟空とベジータ、ブロリーの3人だけであり、純血の超サイヤ人は非常に希少な存在といえる。

これを読んで「ああ、なるほど」と思いました。
パッと見ると悟飯や悟天、トランクスは子供の頃に超サイヤ人なっているから、彼らの方がすごいように感じていたのですが(もちろんすごいのだけれど)、地球人とサイヤ人のハーフは元々潜在能力が高いのですから、子供の内に慣れてもそれほど不思議ではないのですよね。ブロリーも『伝説の超サイヤ人』だから、産まれながらにして素質があったといえましょう。

そう考えると悟空とベジータは本当にすごいと思います。
素質よりも正に実力で超サイヤ人に成り得たといえますから。
2人にとっては超サイヤ人というのは「何度も積み重ねた努力の証」なのかもしれませんね。
やはり、血の滲むような努力をした結果、得たものというのは他のより格好良く見えます。

改ではもうすぐ悟空とベジータの、あの伝説の戦いが見られますし、楽しみです(^-^)。

スポンサーサイト
[ 2009/05/26 22:39 ] ドラゴンボール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

春菜

Author:春菜
ニコジョッキーブログはこちら

2006年5月16日開設

ぬるいゲーマーです。

管理室

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。